ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  証明書自動交付機

 
 
  証明書自動交付機は、個人番号カード(マイナンバーカード)又は住民基本台帳カードを利用して、住民票の写し及び印鑑登録証明書の交付を自ら行えるものです。
 
  個人番号カード(マイナンバーカード)又は住民基本台帳カードをお持ちで希望する方は、証明書自動交付機のサービスを利用することができます。
  交付機を利用するには、事前に利用登録が必要です。
 
 

  証明書自動交付機ご利用案内

 
 
  <自動交付機設置場所及び利用時間>
  設置場所
  利用時間
  平日
  土・日・祝
  本庁舎
  午前 9時 ~ 午後7時
  午前 9時 ~ 午後5時
  由良支所
  午前 9時 ~ 午後5時
  午前 9時 ~ 正  午
  大野陽だまり館
  午前 9時 ~ 午後5時
  午前 9時 ~ 正  午
  五色図書館
  午前10時 ~ 午後6時
  午前10時 ~ 午後6時
 
 
  <交付できる証明書>
  証明の種類
  交付できる範囲
  手数料
  住民票の写し
  本人および同一世帯のもの
  一通200円
  住民票記載事項証明書
  印鑑登録証明書(印鑑登録している人のみ)
  本人
  ※個人番号(マイナンバー)及び住民票コードは省略されます。住民票の写し等に記載が必要な場合は窓口までお越しください。
 

  証明書自動交付機のサービス利用登録申請方法

 
 
  個人番号カード(マイナンバーカード)又は住民基本台帳カードをお持ちで希望する方は、証明書自動交付機のサービスを利用することができます。
  交付機を利用するには、事前に利用登録が必要になります。
 
 

  申請場所(取扱窓口)

 
 
  市民課(本庁舎)または窓口サービス課(五色庁舎)または由良支所
 
 

  申請方法

 
  上記申請場所で記入済み申請書に下記のものを添えて、本人または法定代理人が申請してください。
 
 

  用意するもの

 
 
  個人番号カード(マイナンバーカード)又は住民基本台帳カード
  (どちらのカードも有効期限内のもの)
  ただし、写真なしの住民基本台帳カードで本人確認出来ない場合は、次の書類も必要です。
 
 
 

  暗証番号

 
 
  申請書には、住民票の写しの利用登録、印鑑登録証明書の利用登録ともに、数字4けたの暗証番号の記載をしていただきます。
  (生年月日・電話番号・連続した数字・車のナンバー等は、自動交付機利用の安全上適しません。)
 
  自動交付機の暗証番号が入力できた場合は、証明書を交付しますので、他人に暗証番号を漏らさないようにしてください。
 
  暗証番号の入力を3回間違えた場合は、自動交付機での取り扱いができなくなりますので、ご注意ください。
 
 

  有効期限

 
 
  個人番号カード(マイナンバーカード)又は住民基本台帳カードをお持ちの限り有効です。ただし、洲本市民でなくなった時は、利用登録は抹消されます。
 
 

  手数料

 
 
  無料
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない