ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


      

 
 
  戸籍は、出生から死亡までの身分関係を、生涯通じて証明する大切なものです。
子供が生まれたときや、結婚するとき、家族が亡くなられたときは、必ず届出をしてください。
洲本市内の届出窓口は、市役所1階市民課(洲本庁舎)、窓口サービス課(五色庁舎)または由良支所です。
 

  おもな戸籍届出一覧

 
 
  種類
  届出期間
  届出地
  届出人
  届出の際に必要なもの
  出生届
  生まれた日から14日以内
  出生地、子の本籍地、届出人の住所地のいずれか
  父・母、同居者または出産に立ち会った医師、助産師
  届書1通、母子健康手帳、届出人の印鑑、(国民健康保険に加入しているときは保険証)
  子の名に使える漢字は常用漢字か人名用漢字
  死亡届
  死亡の事実を知った日から7日以内
  死亡者の本籍地、死亡地、届出人の住所地のいずれか
  親族、その他の同居人、家主、地主、家屋または土地の管理者
  届書1通、届出人の印鑑(死亡届を受理したときに火葬許可証を発行します)
  婚姻届
  届けた日に効力を生じる
  夫または妻の本籍地、住所地いずれか
 
  夫・妻
  (証人2人)
  届書1通、夫婦それぞれの戸籍謄本各1通(本籍が届出先にあるときは、その人の戸籍謄本は不要)、届出人2人の印鑑(1人は旧姓の印鑑)(未成年者は父母の同意が必要です)
  ※詳しくは婚姻届の書き方
  協議離婚届
  夫婦の本籍地または住所地
  届書1通、届出人2人の印鑑、届出先に本籍がないときは戸籍謄本1通
  ※詳しくは離婚届の書き方
  養子縁組届
  養親または養子の本籍地、届出人の住所地のいずれか
  養親と養子または養子の代諾権者(法定代理人)(証人2人)
  届書1通、養親・養子それぞれの戸籍謄本1通(本籍が届出先にあるときは、その人の戸籍謄本は不要)、双方の印鑑(事例により届書の書き方などが異なります。事前に市民課または窓口サービス課までお問い合わせください。)
  分籍届
  分籍者の本籍地、分籍地または住所地
  分籍者(成年者であること)
  届書1通、戸籍謄本1通、
  印鑑
  転籍届
  転籍者の本籍地、転籍地または届出人の住所地
  筆頭者とのその配偶者
  届書1通、戸籍謄本1通、届出人双方の印鑑
 
 
   詳しくはこちらをご覧ください。「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」(法務省)【外部リンク】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない