ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  パソコンのリサイクルについて

  パソコン回収について 
  平成15年10月1日から家庭系パソコンについてもリサイクルを推進することになりました。
  (いわゆるパソコンのリサイクルです。)
  各メーカーなどが主体となってリサイクルを行っておりますので下記手続きで適正な処理をお願いします。
 
  詳しくは各メーカーのホームページ、又は、パソコン3R推進協会ホームページ(http://www.pc3r.jp)をご参照ください。
 
  ※平成15年10月1日以降に販売された家庭用のPCリサイクルマーク付パソコンは、回収・リサイクル料金の支払いが不要です。
 
  パソコンのリサイクルとは?
  平成15年10月1日から「資源有効利用促進法」にもとづき家庭向けに販売されたパソコンやディスプレイの回収とリサイクルがメーカーに義務付けられています。
 
  対 象
  パソコン本体とディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなど
  対象外
  ワープロ専用機やプリンタ・スキャナなどの周辺機器付属のマニュアルやCD-ROM・FDなどの記憶媒体など
  新規に販売される機器には回収費用があらかじめ上乗せされ、業界全体で料金体系が統一されています。
  この法律の施行前に販売された機種にはリサイクル料金が上乗せされていないため、廃棄時にこの料金を支払わなければなりません。料金が上乗せされて販売される機種には、筐体に「PCリサイクルマーク」のシールが貼ってあります。
 
 

  流れ
 
 
 
  No.
  手順
  場所など
  内容
  1
  申し込み
  HPから申し込む形式が一般的です。
  メーカー(※)
  申し込みが完了すると振込用紙(郵便振替・銀行振込みなど)が送られます。
  2
  支払い
  金融機関等
  1の振込用紙で振り込んでください。
  3
  輸送伝票受取
  自宅
  2での送金が確認されると輸送伝票(必要事項は記載済み)が送られてきます。
  4
  搬送
  指定された郵便局または自宅
  3の伝票に指定された郵便局へ連絡して引取日時を決める。
  直接持参も可。
  但し、小包と同様に梱包してください。
  (どちらも料金は同額です。)
 
  ※メーカー等が明らかなパソコンは、それぞれのメーカーに回収申し込みをしてください。
自作機や倒産・事業撤退したメーカー等のパソコンの場合は パソコン3R推進協会(http://www.pc3r.jp)に回収申し込みをしてください。

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない