ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  洲本城跡(上の城)

  めいしょう
  すもとじょうあと
  洲本城跡(上の城)
  ■名   称
  洲本城跡
  ■指定種目
  国指定 記念物
  ■指定年月日
  平成11年年1月14日
  ■文化財種類
  史跡
  ■時   代
  戦国・安土桃山・江戸時代
  ■所 在 地
  ■所 有 者
  洲本市 外
  ■管 理 者
  洲本市 外
  ■概   要
  三熊山の山上一帯に築かれた山城で、指定面積は267,852.9㎡です。戦国時代に安宅(あたぎ)氏によって築城され、その後仙石氏、脇坂氏が城主になりました。現在見られる石垣の城にしたのは脇坂氏とされています。当時の建物は残っておりませんが、壮大な総石垣、登り石垣を有する山城は全国有数です。
  洲本市街のみならず大阪湾を一望できる、まさに南海の要塞と呼ぶに相応しい堅城です。
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない