ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  洲本城跡(下の城)

  めいしょう
  すもとじょうあと(したのしろ)
  洲本城(下の城)
  ■名   称
  洲本城跡(下の城)
  ■指定種目
  市指定 記念物
  ■指定年月日
  昭和58年7月20日
  ■文化財種類
  史跡
  ■時   代
  江戸時代
  ■所 在 地
  ■所 有 者
  洲本市
  ■管 理 者
  洲本市
  ■概   要
  洲本城(下の城)は、上の城と一体として築城されました。当初の築城は桃山時代ですが、現在見られる石垣や堀が造られたのは、蜂須賀氏が淡路支配の拠点を由良から洲本に移した寛永年間(1630年代)以降と思われます。
  石垣の内側は礫岩、外側は白い花崗岩を使用しており、見られる城を意識していることが伺えます。洲本城跡(下の城)の内、石垣と堀部分が指定区域になっています。
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない