ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  個人市県民税の税額控除

 

  調整控除

 
  税源移譲に伴い生じる所得税と市県民税の人的控除額(基礎控除、扶養控除など)の差に基づく負担増を調整するため、次の計算式により求めた金額を所得割額から控除します。
 

  調整控除の計算式

  合計課税所得額が200万円以下の場合
  1または2のいずれか少ない金額の5%(市民税3%、県民税2%)
 
  1.人的控除額の差の合計額
  2.合計課税所得額
  合計課税所得額が200万円を超えるの場合
  1から2を控除した金額(5万円未満の場合は、5万円)の5%(うち市民税3%、県民税2%)
 
  1.人的控除額の差の合計額
  2.合計課税所得額から2,000,000円を控除した金額
 
  ※ 合計課税所得額とは、課税総所得金額、課税山林所得金額及び課税退職所得金額の合計です。
 

  人的控除の種類と額

 
  人的控除の差とは、次の表に掲げる各種控除の所得税と市県民税の控除の差です。人的控除とは、扶養控除や配偶者控除のように、本人や家族の情況等に基づく所得控除で、一人あたりの控除額が定額で定められていま
  人的控除
  人的控除の差
  所得税の
  人的控除額
  市県民税の
  人的控除額
  障害者控除(普通)
  10,000円
  270,000円
  260,000円
  障害者控除(特別)
  100,000円
  400,000円
  300,000円
  同居障害者控除(特別)
  220,000円
  750,000円
  530,000円
  寡婦控除
  10,000円
  270,000円
  260,000円
  特別寡婦控除
  50,000円
  350,000円
  300,000円
  寡夫控除
  10,000円
  270,000円
  260,000円
  勤労学生控除
  10,000円
  270,000円
  260,000円
  配偶者控除(一般)
  50,000円
  380,000円
  330,000円
  配偶者控除(老人)
  100,000円
  480,000円
  380,000円
  扶養控除(一般)
  50,000円
  380,000円
  330,000円
  扶養控除(特定)
  180,000円
  630,000円
  450,000円
  扶養控除(老人)
  100,000円
  480,000円
  380,000円
  扶養控除(同居老親)
  130,000円
  580,000円
  450,000円
  配偶者特別控除
  (380,000円超400,000円未満)
  50,000円
  380,000円
  330,000円
  配偶者特別控除
  (400,000円超450,000円未満)
  30,000円
  360,000円
  330,000円
  基礎控除
  50,000円
  380,000円
  330,000円
 

  寄附金控除

 
  地方公共団体、兵庫県共同募金会、日本赤十字社兵庫県支部へ寄附した場合には、次のAとBにより計算した額の合計額(Bは所得割額の20%(※)が上限)を控除します。
   ※平成27年度以前(平成26年12月31日以前に寄附した場合)は、所得割額の10%が上限
 
  A:{(寄附金の支払額 又は 総所得金額等の30%のいずれか少ない金額)-2,000円}×10%(うち市民税6%、県民税4%)
  B:(地方公共団体への寄附金の支払額―2,000円)×(90%-所得税の適用税率×1.021)
 
 

  住宅借入金等特別税額控除

 
  前年分の所得税において、平成11年から平成18年まで、または平成21年から平成33年までの入居に係る住宅借入金等特別控除を受けた場合、AからBを控除した金額(前年分の所得税に係る課税総所得金額等の5%(うち市民税3%、県民税2%)に相当する金額(97,500円が限度)を超える場合は、当該金額)を控除します。
   ただし、居住年月が平成26年4月から平成33年12月までであって、特定取得(※)に該当する場合には、7%(うち市民税4.2%、県民税2.8%)に相当する金額(136,500円が限度)として計算した金額を控除します。
 
  A:前年分の所得税に係る住宅借入金等特別控除額
  (特定増改築等に係る住宅借入金等の金額や、平成19~20年中の居住年に係る住宅借入金等の金額がある場合は、それらがなかったものとして計算した金額となります。)
 
  B:前年分の所得税の額(住宅借入金等特別控除等適用前の金額)
 
  特定取得」とは、住宅の取得等の対価の額又は費用の額に含まれる消費税額等(消費税額及び地方消費税額の合計額をいいます。 以下同じです。) が、8%又は10%の税率により課されるべき消費税額等である場合におけるその住宅の取得等をいいます。
 
 

  外国税額控除

 
  外国で所得税や市県民税に相当する税金が源泉徴収された所得がある場合には、国際間の二重課税にならないよう、一定の金額を限度として控除します。所得税において外国税額控除が行われた場合に、所得税で控除しきれないときは、
 
  1.まず県民税の所得割の額から一定の金額を限度として控除します。
  2.さらに控除しきれない額があるときは、次に市民税の額から一定の金額を限度として控除します。
 
  (注)控除限度額は次のとおりです。
  1.所得税  所得税額控除限度額(A)=その年の分の所得税額×その年分の国外所得総額÷その年分の所得総額
  2.県民税  県民税控除限度額=(A)×12%
  3.市民税  市民税控除限度額=(A)×18%
 

  配当控除

 
  法人税との二重課税を防止するため、総所得金額の中に内国法人から受ける配当所得(申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得を除きます。)がある場合に、次の配当等の種類・割合により計算した額を控除します。
 
  課税所得金額
  1,000万円以下の部分
  1,000万円超の部分
  区分
  市民税
  県民税
  市民税
  県民税
  利益の配当等
  1.6%
  1.2%
  0.8%
  0.6%
  証券投資信託等
  外貨建等証券投資信託以外
  0.8%
  0.6%
  0.4%
  0.3%
  外貨建等証券投資信託
  0.4%
  0.3%
  0.2%
  0.15%
 

  株式等譲渡所得割額控除・配当割額控除

 
  申告分離課税の対象となる、上場株式等の配当および譲渡所得に対する税率を、10%(うち所得税7%、市県民税3%)とする特例措置は平成25年12月31日をもって廃止され、平成26年1月1日以降は本則税率である20%(うち所得税15%、市県民税5%)が用いられます。
 

  株式等譲渡所得割額控除

 
  源泉徴収を選択した特定口座内の上場株式等の譲渡に係る所得に対しては、他の所得と区分して、20%(うち所得税15%、市県民税5%)(平成16年1月1日〜平成25年12月31日までの間は10%(うち所得税7%、市県民税3%))の分離課税が行われます。
 
  なお、上記の株式譲渡に係る所得については、既に源泉徴収をされているため、申告不要ですが、申告をされた場合は市県民税の所得割で課税し、市県民税所得割額から株式等譲渡所得割額(譲渡益の5%(うち市民税3%、県民税2%))を控除します。
 

  配当割額控除

 
   一定の上場株式等の配当等の所得に対しては、配当等の支払の際に他の所得と区分して、20%(うち所得税15%、市県民税5%)(平成16年1月1日〜平成25年12月31日までの間は10%(うち所得税7%、市県民税3%))の分離課税が行われます。
 
  なお、上記の配当等に係る所得については、既に源泉徴収をされているため、申告不要ですが、申告をされた場合は市県民税の所得割で課税し、市県民税所得割額から株式等譲渡所得割額(譲渡益の5%(うち市民税3%、県民税2%))を控除します。
 

  調整控除以外の控除

 
  調整控除以外の控除を受ける場合は、確定申告書または市県民税申告書の提出が必要です。
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない