ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  個人市県民税の所得金額

 

  所得金額

 
  所得割の税額計算の基礎となります。収入金額から、その収入を得るために要した経費などを差し引いて算出します。
 

  所得金額の種類について

  所得の種類
  所得の内容
  所得金額(算出方法)
  事業所得
  (営業等・農業)
  ・商工業や漁業、農業、自由職業などの自営業から生ずる所得
  ・事業規模で行う、株式等を譲渡したことによる所得や一定の先物取引に係る所得
  収入金額―必要経費
  不動産所得
  土地や建物、船舶や航空機などの貸付けから生ずる所得
  収入金額―必要経費
  利子所得
  ・公社債や預貯金の利子などの所得
  ・国外で支払われる預金等の利子などの所得
  収入金額
  配当所得
  ・法人から受ける剰余金の配当、公簿証券投資信託の収益の分配などの所得(申告分離課税したものを除く)
  ・上場株式等に係る配当等、公簿証券投資信託の収益の分配などで申告分離課税を選択したものの所得
  ・特定目的信託の社債的受益権の収益の分配などの所得
  収入金額―株式などの元本取得のために要した負債の利子
  給与所得
  俸給や給料、賃金、賞与、歳費などの所得
  収入金額―給与所得控除額
  (給与所得については、下記参照)
  雑所得
  ・国民年金、厚生年金、公務員の共済年金、恩給などの所得
  ・原稿料や講演料、生命保険の年金など他の所得に当てはまらない所得
  ・業(事業規模を除く)として行う、株式等を譲渡したことによる所得や一定の先物取引に係る所得
  ・公社債や償還差益のうち、一定の割引債の償還差益などの所得
  ・公的年金等
  収入金額―公的年金等控除額
  (公的年金に係る雑所得の計算方法については、下記参照)
 
  ・その他
  収入金額―必要経費
  譲渡所得
  ・ゴルフ会員権や金地金、機械などを譲渡したことによる所得
  ・土地や建物、借地権、株式等を譲渡したことによる所得(株式等の譲渡については事業所得、雑所得になるものを除く)
  収入金額―必要経費―特別控除額
  一時所得
  ・生命保険の一時金、賞金や懸賞当せん金などの所得
  ・保険・共済機関が5年以下の一定の一時払養老保険や一時払損害保険の所得など
  収入金額―必要経費―特別控除額
  山林所得
  山林(立木)を伐採して譲渡したことなどによる所得
  収入金額―必要経費―特別控除額
  退職所得
  退職金、一時恩給、確定給付企業年金法及び確定拠出年金法による一時払の老齢給付金などの所得
  収入金額―必要経費―特別控除額
 
 

  給与所得の計算方法

 
  平成26年度~平成28年度課税分
  給与等の収入金額の合計額(A)
  給与所得の金額(C)
  から
  まで
  0円
  650,999円
  0円
  651,000円
  1,618,999円
  (C)=(A)―650,000円
  1,619,000円
  1,619,999円
  969,000円
  1,620,000円
  1,621,999円
  970,000円
  1,622,000円
  1,623,999円
  972,000円
  1,624,000円
  1,627,999円
  974,000円
  1,628,000円
  1,799,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.4
  1,800,000円
  3,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.8―180,000円
  3,600,000円
  6,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×3.2―540,000円
  6,600,000円
  9,999,999円
  (C)=(A)×0.9―1,200,000円
  10,000,000円
  14,999,999円
  (C)=(A)×0.95―1,700,000円
  15,000,000円
  上限なし
  (C)=(A)―2,450,000円
   計算上生じた1円未満は切捨てとなります。
 
 
  平成29年度課税分
  給与等の収入金額の合計額(A)
  給与所得の金額(C)
  から
  まで
  0円
  650,999円
  0円
  651,000円
  1,618,999円
  (C)=(A)―650,000円
  1,619,000円
  1,619,999円
  969,000円
  1,620,000円
  1,621,999円
  970,000円
  1,622,000円
  1,623,999円
  972,000円
  1,624,000円
  1,627,999円
  974,000円
  1,628,000円
  1,799,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.4
  1,800,000円
  3,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.8―180,000円
  3,600,000円
  6,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×3.2―540,000円
  6,600,000円
  9,999,999円
  (C)=(A)×0.9―1,200,000円
  10,000,000円
  11,999,999円
  (C)=(A)×0.95―1,700,000円
  12,000,000円
  上限なし
  (C)=(A)―2,300,000円
   計算上生じた1円未満は切捨てとなります。
 
 
  平成30年度課税分
  給与等の収入金額の合計額(A)
  給与所得の金額(C)
  から
  まで
  0円
  650,999円
  0円
  651,000円
  1,618,999円
  (C)=(A)―650,000円
  1,619,000円
  1,619,999円
  969,000円
  1,620,000円
  1,621,999円
  970,000円
  1,622,000円
  1,623,999円
  972,000円
  1,624,000円
  1,627,999円
  974,000円
  1,628,000円
  1,799,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.4
  1,800,000円
  3,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×2.8―180,000円
  3,600,000円
  6,599,999円
  (B)=(A)÷4(千円未満端数切捨て)
  (C)=(B)×3.2―540,000円
  6,600,000円
  9,999,999円
  (C)=(A)×0.9―1,200,000円
  10,000,000円
  上限なし
  (C)=(A)―2,200,000円
   計算上生じた1円未満は切捨てとなります。
 

  公的年金等にかかる雑所得の計算方法

 
  65歳未満の方と65歳以上の方で、計算方法が異なります。65歳未満であるかどうかの判定は、その年の12月31日(年の途中で死亡し、または出国をする場合にはその死亡または出国時)の年齢によります。
 

  65歳未満の方の計算

  公的年金等の収入額の合計額(A)
  所得金額(B)
  から
  まで
  0円
  700,000円
  0円
  700,001円
  1,300,000円
  (B)=(A)―700,000円
  1,300,001円
  4,100,000円
  (B)=(A)×0.75―375,000円
  4,100,001円
  7,700,000円
  (B)=(A)×0.85―785,000円
  7,700,001円
  上限なし
  (B)=(A)×0.95―1,555,000円
 

  65歳以上の方の計算

  公的年金等の収入額の合計額(A)
  所得金額(B)
  から
  まで
  0円
  1,200,000円
  0円
  1,200,001円
  3,300,000円
  (B)=(A)―1,200,000円
  3,300,001円
  4,100,000円
  (B)=(A)×0.75―375,000円
  4,100,001円
  7,700,000円
  (B)=(A)×0.85―785,000円
  7,700,001円
  上限なし
  (B)=(A)×0.95―1,555,000円
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない