ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  yatinsisutemu
  洲本市の特定公共賃貸住宅の家賃は「傾斜型家賃方式」を採用しており、一定の収入基準の範囲の方は本来家賃より減額を行い、家賃負担を軽減する措置をとっています。
  軽減する措置の期間は最大20年ですが、3年に1度家賃見直しを行い、本来家賃の4%上乗せし、措置期間の終了時には本来家賃(75,000円)を支払うようになります。
   ただし、洲本市では特定公共賃貸住宅に4月から3ヶ月入居しており、家賃を完納している方については、上乗せした家賃分を年度末に1年間まとめてキャッシュバックしています。
  yatinsisutemu2
 
    平成21年3月以前の公募による入居者
 
    平成21年4月以降の公募による入居者

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない