ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  ・各協賛店舗等のサービス内容についてはこちらをご覧ください。(平成2941日更新)
 
 

  「子育て応援パスポート事業」とは

 
  「子育て応援パスポート事業」とは、洲本市子育て応援パスポートカードの交付を受けた、妊娠中の方や子ども(18歳となった以降最初の3月31日を迎えるまでのお子さん)が協賛店等でパスポートカードを提示すると、各店が独自に設定している様々なサービスを受けることができるというものです。協賛店はサービスを提供することによって、子育てを応援します。
 
 

  交付対象

 
  交付対象は、妊娠中の方や子ども(いずれも洲本市に住民登録がある方)です。
 
 

  パスポートカード申請方法

 
  子ども子育て課(本庁舎2階①番)・窓口サービス課(五色庁舎)・由良支所に備付の用紙、またはダウンロードしたものにご記入のうえ印かんを押して、申請してください。
  妊娠中の方につきましては、母子健康手帳をお持ちください。(出産後はお子さんのカードと交換します。)
  お子さんが同居されていない場合や住民票が別の場合は、健康保険証など、親子関係と養育関係がわかるものをお持ちください。
  ※住民基本台帳で内容の確認を行いますのでご了承ください。
  後日「パスポートカード」と「協賛店舗一覧表」を郵送します。
 
  ○洲本市子育て応援パスポートカード交付・再交付申請書
 
 

  パスポートカードをなくした、市外に引っ越しした場合

 
  紛失・破損等の場合は、窓口(子ども子育て課(本庁舎2階①番)・窓口サービス課(五色庁舎)・由良支所)で再交付の手続きを行ってください。(ダウンロードの際は「交付・再交付申請書」)
  お子さんと同一世帯以外の方が窓口にお越しになる場合には、「委任状」(任意)が必要となります。
  市外に転出する場合等はパスポートカードを上記の窓口に返還してください。
  パスポートカードを人に譲ったり、貸したりすることは絶対にしないでください。
  対象者以外の者が利用したなど、不正利用が認められた場合は、パスポートカードを返還していただきます。
 
  ○洲本市子育て応援パスポートカード変更・返還届出書
 
 

  サービスの提供開始時期は

 
  協賛店によっては、サービスの提供開始時期が別に定まっていたり、サービスの対象年齢等を限定して提供したりする場合があります。
 
 

  利用方法と利用の際のお願い

 
  協賛店のステッカーが貼られた店舗で精算前にパスポートカードを提示すると、店舗独自のサービスを受けることができます。
  この事業は、協賛店のみなさんのご好意、ご協力によるものです。
  パスポートカードを利用されるみなさん、協賛店のみなさんが、お互いに気持ちよく事業に参加できるよう、ルールを守って利用しましょう。
  サービス内容は協賛店舗等ごとに異なりますので、ご利用の前に各店舗のサービス内容を確認してください。

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない