ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  新庁舎等建設工事の進捗状況について  NO.1

 
  いよいよ新庁舎建設工事が始まりました。
  5月15日に建設予定地で工事着工にあたり、施工者が主催する安全祈願祭と市が主催する起工式が行われました。
  起工式
 
 
  7月1日現在では、新庁舎本体の免震ピット層を構築するため、山留壁工事SMW工法)を施工しています。
  山留壁工事
 
 
  山留壁工事
 
  SMW工法とは土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合・攪拌(Mixing)し、地中に造成する壁体(Wall)の略称です。
  専用に開発された多軸混練オーガー機で原地盤を削孔し、その先端よりセメントスラリー
  を吐出して1エレメントの削孔混練を行いソイルセメント壁体を造るものです。
  (SMW協会ホームページより引用)
 
 
  山留壁工事(SMW工法)終了後の7月中頃より杭工事を開始する予定です。
 
 
 
  お問い合せ先
  総務部総務課
  T E L 0799-22-7067(直通) 0799-22-3321(代表)
  F A X 0799-24-1722
  E-Mail soumu@city.sumoto.hyogo.jp
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない