ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  兵庫県指定名勝『 旧益習館庭園 』土・日・祝オープン!!

  1
  2
  3
  4
 
  平成28年3月に兵庫県の名勝に指定されたことを機に、旧益習館庭園を年間通じて定期的に開園いたします。ぜひご来園ください。
 
  【開 園 日】 平成28年4月2日(土)から 毎週土・日曜日、祝日   ※年末年始(12/29~1/3)は休園します。
  【開園時間】 午前10時00分~午後4時00分   ※荒天時は閉園する場合があります。
  【場  所】 旧益習館庭園(兵庫県洲本市山手三丁目地内)   ※専用駐車場がありませんので、近隣の市営駐車場等をご利用ください。
  【入 園 料】 無料
  【問 合 先】 洲本市立淡路文化史料館 ☎0799-24-3331  洲本市教育委員会文化・スポーツ課 ☎0799-24-7632
 
 
  ~旧益習館庭園とは~
  徳島藩の筆頭家老稲田氏の別荘(西荘)の庭として作庭されました。嘉永7(1854)年、稲田氏の私塾学問所を西荘に移し、益習館と呼ばれるようになりました。明治3(1870)年の庚午事変により、建物は焼失しましたが、庭だけが当時の面影を残しています。
  曲田山山麓に作庭された庭園は、東西に長い池泉を穿ち、山側護岸に和泉砂岩の巨石を用いた池泉回遊式庭園です。高さ4mを越える山側護岸の巨石は、庭石としては日本最大級のものです。巨石を中心として造営した作庭技術や意匠は、全国的に見ても特異な特徴を有する優れた庭園として、平成28年3月15日、兵庫県の名勝に指定されました。
 
 
 
 

  名勝 旧益習館庭園 2016秋のライトアップの様子

  5
  6
  7
  8
  9
  10
  ◇名勝 旧益習館庭園 秋のライトアップは好評のうちに終了いたしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない