ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


 

  炬口城跡

  めいしょう
  たけのくちじょうせき
  炬口城跡
  ■名   称
  炬口城跡
  ■指定種目
  市指定 記念物
  ■指定年月日
  平成29年2月27日
  ■文化財種類
  史跡
  ■時   代
  戦国時代
  ■所 在 地
  ■所 有 者
  個人 外
  ■管 理 者
  炬口住民会
  ■概  要
   淡路島の中央東岸、大坂湾に面した炬口漁港西にある標高約96mの万歳山の頂上に位置しています。
   炬口城は、戦国時代に淡路水軍を率いた安宅氏が16世紀前半に築城したと伝わります。城の構造は、本丸・二の丸・出丸からなり、本丸は南北約80m、東西約50mで、四方は最大3mを越える土塁で囲われています。
   戦国時代、淡路島を席巻した安宅八家衆の城の一つに数えられ、淡路島に残る城跡の中でも遺構の残りが極めて良好な城で、淡路島を代表する城跡の一つです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない