ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種
 
  23価肺炎球菌ワクチンについて
  肺炎は日本人の死亡原因の第3位となっており、特に高齢者の肺炎での死亡率は高くなっています。
  日常生活で起こる肺炎の原因菌は、肺炎球菌が一番多いといわれており、その肺炎球菌には90種類以上の型があります。この予防接種はそのうち23種の型に対してのワクチンの効果があります。
  この予防接種はB類疾病の予防接種です。接種を希望される方は、予防効果や副反応などについて十分に理解したうえで、医師と相談し接種をお願いいたします。
 
  接種期間
  平成29年4月1日~平成30年3月31日まで
 
  定期接種
 
  平成29年度接種対象者
 
  接種日に洲本市民であること
  過去に23価肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことのある方は対象外となります。
 
  65歳(昭和27年4月2日~昭和28年4月1日
  70歳(昭和22年4月2日~昭和23年4月1日
  75歳(昭和17年4月2日~昭和18年4月1日
  80歳(昭和12年4月2日~昭和13年4月1日
  85歳(昭和7年4月2日~昭和8年4月1日
  90歳(昭和2年4月2日~昭和3年4月1日
  95歳(大正11年4月2日~大正12年4月1日
  100歳(大正6年4月2日生~大正7年4月1日生
 
  定期接種の対象者には、市健康増進課より4月初旬に高齢者用肺炎球菌予防接種予診票を送付いたします。
  4月以降に転入された方は、市健康増進課までお問い合わせください。
 
  ※60歳以上65歳未満の方であって、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方は、(身体障害者手帳1級に該当する方)市健康増進課の窓口にて手帳提示することで、高齢者用肺炎球菌予防接種予診票を発行いたしますので、接種を受けることができます。
 
 
  任意接種への一部費用助成について
 
  上記以外の年齢の75歳以上の方(平成29年度)
 
  上記の定期接種対象者以外で75歳以上の人が接種する場合は接種費用の一部助成をしております。
  接種を希望される方は、市健康増進課の窓口にて本人確認のうえ、高齢者肺炎球菌ワクチン接種券を交付させていただきます。
 
 
  接種費用(自己負担金)
  3000円(定期接種、任意接種ともに)
  ※生活保護受給者で、接種対象者は、事前に市福祉課で「生活保護受給証明書」の交付をうけ医療機関に提出することで、自己負担金は免除されます。
 
  接種を希望する方は、直接医療機関へ予約の上、接種を受けてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない