ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  【未登記の家屋を売買、相続、贈与等で取得された方へ】

 
  未登記の家屋を売買、相続、贈与等で取得された場合、所有者の変更申請が必要です。
 
  未登記家屋の固定資産税の納税義務者は、市の家屋補充課税台帳に所有者として登録されている方になります。
  本来は不動産登記法により建物表題登記をする義務がありますが、何らかの事情で建物表題登記をすることが難しいために未登記となっている家屋の所有者が変更となった場合は、市役所へ「固定資産補課税充台帳登録事項の変更申請書」の提出が必要です。
  なお、登記されている家屋に関しては、法務局で所有権移転の手続きを行ってください。市役所での手続きは特に必要ありません。
 
  未登記家屋の異動期日は、原則として届出を受理した日付となります。
  賦課期日が1月1日ですので、「固定資産補充課税台帳登録事項の変更申請書」を受理した日の翌年4月から始まる年度より新所有者に課税となります。
 
  例1)平成28年12月15日に受理・・・平成29年度から新所有者に課税
  例2)平成29年 1月15日に受理・・・平成29年度は旧所有者に課税、平成30年度から新所有者に課税
 
 
  変更申請書は下記からダウンロードできます。
  固定資産補充課税台帳登録事項の変更申請書
 
 
  お問い合わせ先
  洲本市財務部税務課固定資産税係 
  電話(0799)24-7503(直)
  FAX(0799)22-3900(直)
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない