ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  未熟児養育医療費助成

 

  概要

  出生後洲本市に居住し、次のいずれかで医師が入院養育を必要と認めた乳児の入院医療費のうち、医療保険適用後の自己負担額及び入院時食事療養費を助成します。
  (養育医療の指定医療機関での入院が対象です。)
  ・出生児の体重が2,000グラム以下
  ・次のいずれかの症状がみられること
  1
  一般状態
  ・運動不安、けいれん
  ・運動が異常に少ない
  2
  体 温
  ・摂氏34度以下
  3
  呼吸器
  循環器
  ・強度のチアノーゼ持続
  ・チアノーゼ発作を繰り返す
  ・呼吸数が毎分50以上で増加傾向
  ・呼吸数が毎分30以下
  ・出血傾向が強い
  4
  消化器
  ・生後24時間以上排便がない
  ・生後48時間以上おう吐が持続
  ・血性吐物がある
  ・血性便がある
  5
  黄 疸
  ・生後数時間以内に黄疸が発生または黄疸が異常に強い
 

  医療の給付

  ・未熟児の入院費用のうち、保険診療にかかる自己負担額と食事療養費を助成します。
  ・申請後、書類を審査し医療の給付を決定します。
  ・決定後ご自宅へ医療券を郵送しますので、届きましたら指定医療機関へ医療券を提出してください。
  ・差額ベッド代、診断書料等、保険適用外診療分は、対象外です。
  ・入院医療費が高額になる場合は、健康保険証と限度額適用認定証を併せて提示してください。
  退院後の申請はできません。
 

  申請窓口

  保険医療課医療係
 

  申請に必要なもの

  ●養育医療給付申請書     ○申請書様式(PDF)
  ●同意書    ○同意書様式(PDF)
  ●養育医療意見書(養育医療の指定医療機関の医師が作成したもの) ○意見書様式(PDF)
  ●世帯調書    ○世帯調書様式(PDF)
  ●印かん(朱肉を使用するもの)
  ●お子さんの氏名が記載された健康保険証
  (健康保険証が発行されていない場合は、お子さんの保護者の健康保険証で可。後日、原本を持ってきてください。)
  ●世帯全員の所得税等の証明書
  収入・所得の状況
  提出書類
  給与所得者または年金受給者
  (確定申告なし)
  「源泉徴収票(年末調整済のもの)」原本
  ・年末調整が済んでいない場合や所得税が0円(税額控除なし)の場合は、「市県民税課税証明書」を提出してください。
  確定申告をされた方
  「確定申告書」の写し
  または、税務署が発行する「納税証明書(その1)」
  生活保護の方
  「生活保護適用証明書」
  収入のない方
  「市県民税非課税証明書」
  ※診療予定期間初日が6月までの場合は、前々年分、7月以降の場合は前年分の証明が必要です。
  ※18歳未満で未就業の方や源泉徴収票や税の証明書で扶養親族であることが確認できる方は、税の証明書は不要です。
 

  未熟児養育医療と乳幼児等医療について

  未熟児養育医療と乳幼児等医療費助成は併用できません。
  未熟児養育医療が優先されます。
 
  未熟児養育医療
  乳幼児等医療
  対象者
  医師が指定養育医療機関において入院養育を
  必要と認めた乳児(1歳未満)
  小学3年生まで
  給付の範囲
  入院医療費のうち、医療保険適用後の自己負担額及び
  入院時食事療養費
  医療保険適用後の自己負担額
  (食事療養費は対象外)
  所得制限
  ―
  あり(1歳未満はなし)
  自己負担額
  (一部負担金)
  なし
 
  【入院】
    なし
  【通院】
    なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない