ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。


  平成30年度洲本市住宅用太陽光発電設備・蓄電設備設置費補助金について
 

  趣旨

      市民の住宅における再生可能エネルギーの利用を促進し、温室効果ガスの排出を抑制をはかり地球温暖化の防止に寄与するため、市が予算の範囲内において補助金を交付する。
 

  補助の対象 

  対象となる設備は次の各号のいずれにも該当する設備
  1.   電気事業者のよる再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則(平成24年経済産業省令第46号)第3条第1号に規定する太陽光発電設備(定格出力が1キロワット以上のものに限る。)であること
  2.   前号の太陽光発電設備と同時に設置され、かつ、当該設備に接続されている蓄電設備(定格容量が1キロワット時以上のものに限る。)であって、次に掲げる要件の全てに適合しているものであること。
  ア 蓄電池、インバータ、コンバータ、パワーコンディショナー等の電力変換装置が一体的に構成されていること。
   イ 蓄電池設備の基準(昭和48年消防庁舎告示第2号)で定める基準その他の関係法令で定める安全基準を満たしていること。
  1.   前2号に規定する設備が次に掲げる要件の全てに適合していること。
     ア 製造業者によって出荷後10年以上の期間にわたり公称最大出力80パーセント以上の出力が維持されることが保証されており、かつ、その保証の期間の始期が申請の日前1年以内の日であること。
     イ 製造事業者又は販売事業者による保守点検、修理等の体制が確保されていること。
     ウ 当該設備から供給される電力がもっぱら交付対象者の住宅の用に供されること。 
 
  対象者は次のすべてを満たす方です。
  •   洲本市住宅用太陽光発電設備・蓄電設備設置費補助金交付要綱の
  示日(以下「告示日」という。)以降に、自ら居住する市内の住宅(店舗
  併用住宅を含む。)に新たにシステムを設置した者又は、システム付住
  宅を新築又は購入した者 
  •   住宅が自己の所有に属さない場合、所有者の承諾が得られていること 

 

  補助の金額 

      告示日以後に電力の受給、蓄電を開始した場合 
  1キロワットあたり3万円(上限7キロワット) 
  ただし、パナソニック㈱の製品を設置された場合は、1キロワットあたり4万円(上限7キロワット)
   

  補助金の申請の時期 

  システム設置完了後速やかに行ってください。 
 

  添付書類 

 
  1.   対象設備の工事請負契約書又は付属住宅の購入契約書の写し
  2.   対象設備のの契約に係る領収書及び内訳書の写し
  3.   対象設備の施行状況を示す図面
  4.   対象設備の設置状況を示す写真
  5.   対象設備の製造事業者による検査合格書の写し
  6.   対象設備の保証書等の写し
  7.   対象設備の保守契約書等の写し
  8.   申請者の住民票の謄本又は抄本
  9.   対象設備の設置に係る建物又は土地の登記事項証明書
  (10) 前号に規定する不動産が申請者の所有に属さない場合にあっては、当該不
  動産の所有者の承諾書
  (11) その他市町が必要と認めたもの
 
 
 
 

  補助金の請求 

  交付決定通知後速やかに行ってください。 
 

  申請の流れ 

  申請者
 
  市
  設備設置完了後
補助金交付申請書(様式第1号)
  →
  受理
 
 
  ↓
  受領
  ←
  補助金交付決定通知書(様式第2号)
  ↓
 
 
  補助金交付請求書(様式第3号)
  →
  受理
 
 
  ↓
  受領
  ←
  補助金交付
  申請の受付は先着順に行い、予算がなくなり次第終了します。
  申請に当たっては、税等の納付状況について確認することに同意をしていた
  だきます。 
  要綱に違反したときは、補助金交付の決定を取り消します。 
 
 
 
  住宅用太陽光発電設備・蓄電設備設置費補助金交付要綱.doc
 
  補助金交付申請書(太陽光・蓄電池).doc
 
  補助金交付請求書(太陽光・蓄電池).doc
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ先

このページは役に立ちましたか?

はい いいえ どちらでもない