CATV施設に係る分担金及び使用料の減免申請書


申請書名 洲本市CATV施設に係る分担金及び使用料の減免申請書(平成30年度)
用紙サイズ A4
事務の根拠 洲本市CATV施設の設置及び管理に関する条例第20条
洲本市CATV施設のテレビ加入者に係る分担金及び使用料の減免に関する規則第9条
担当部署 企画情報部広報情報課
電話:22-3321(代)
内線1242・1243・1244
事務の流れ 1.申請者の方で、「洲本市CATV施設に係る分担金及び使用料の減免申請書」に必要事項(住所・氏名・生年月日・電話番号)を記入押印します。

2.申請に基づき、広報情報課にて受付します。
添付書類として、身体・視覚・聴覚障害者の方は身体障害者手帳を、精神障害者の方は精神障害者福祉手帳を、知的障害者の方は療育手帳を、戦傷病者の方は戦傷病者手帳を、被災された方はり災証明を、それぞれ持参頂くか、その写しを持参ください。

3.免除の条件に該当するかどうか調査の上、免除の可否を決定し、「洲本市CATV施設に係る分担金及び使用料の減免決定通知書」により、申請者に通知します。




※分担金の減免では、加入金及び引込工事費を全額免除します。使用料の減免では、月々の基本使用料を全額または半額免除します。

 平成30年度分の申請期間は平成30年1月29日(月)〜2月28日(水)までが原則です。この間に申請していただくとその年の4月から翌年の3月まで減免になります。

 ただし、例外的として上記の間以外にも申請を受付けますが、その場合は申請の翌月から減免となります。(4月に遡って減免が受けられません)
 
 また、申請は毎年していただく必要があるので、前回減免を受けられた方で次回も減免を希望される場合は申請をしなおして下さい。
   郵送で申請される場合、障害者手帳等は原本を送らず、写しを送ってください。

 




戻る