洲本市本人通知制度事前登録書


申請書名 洲本市本人通知制度事前登録申出書(PDF)
洲本市本人通知制度事前登録変更・廃止届出書(PDF)
委任状(PDF)
用紙サイズ A4
制度概要 事前登録をした人の住民票や戸籍謄本等を、代理人や第三者に交付した場合、交付した事実を登録者本人に通知することで、不正取得の抑止を図るものです。
事務の根拠 洲本市住民票の写し等本人通知制度実施要綱
担当部署 市民生活部市民課 電話:0799-22-3321(代)内線:1105
事務の流れ 1.申出書に必要事項を記入・押印のうえ、本人確認書類(郵送での手続きの場合はコピーが必要)を添えて市民課市民係、五色庁舎窓口サービス課、由良支所の各窓口に提出。

※ 法定代理人(未成年者の親権者等)からの申出の場合は、戸籍謄本(洲本市以外に本籍がある場合)、成年後見人登記事項証明書等が必要です。
※ 任意の代理人からの申出の場合は委任状が必要です。
※ 洲本市に現住所・本籍がない人からの申出の場合は住民票が必要です。


2.登録手続きが完了次第、本人に登録通知書を送付します。


3.代理人や第三者から住民票等の請求があった場合、本人に交付通知書を送付します。

<通知内容>
(1)交付年月日
(2)交付した証明書の種別
(3)交付枚数
(4)交付請求者の種別(「本人等の代理人」・「第三者」の別)
※請求者の氏名・住所を通知するものではありません。

詳しくは市民課 洲本市住民票の写し等本人通知制度について をご覧ください。
備考 1.登録の期間:登録の日から起算して3年
(期間満了日の1月前から更新の申出が可能)

2.事前登録を廃止する場合、住所・氏名・本籍・筆頭者に変更が生じた場合は変更届が必要です。


戻る