平成30年度市民税・県民税申告書


申請書名 平成30年度市民税・県民税申告書
平成30年度市民税・県民税申告書 記入例
用紙サイズ A4
事務の根拠 洲本市税条例第36条の2
担当部署 財務部税務課  電話:22-3321(代) 内線1129,1122,1118 
事務の流れ 平成30年度市民税・県民税の申告期限は平成30年3月15日(木)です。


【申告が必要な方】
平成30年1月1日現在洲本市内に住所のある人。
給与所得のみの人(給与支払者が給与支払報告書を提出済の場合や、所得税の確定申告書を提出した場合は市民税・県民税申告書を提出する必要はありません。


※所得に関する証明(年金、福祉、公営住宅、教育、融資関係の申請のため必要となる場合があります。)を必要とされる人は、所得申告が無ければ証明書の発行することができません。

※国民健康保険税の所得割は、前年の所得をもとに計算されます。所得の申告が無ければ、国民健康保険税軽減の適用が受けられない、又は病院での自己負担額が高くなる場合があります。所得がなかったり、所得が税金の対象とならない遺族年金、障害者年金だけの人なども、必ず申告書の提出をお願いします。


【申告に必要な書類等】
・印鑑
・給与・年金・報酬等の源泉徴収票
・国民年金保険料控除証明書および生命保険や地震保険の控除証明書
・医療費控除を受けられる場合は、医療費控除の明細書、又はセルフメディケーション税制の明細書
・前年の申告書控え



戻る