特別徴収税額の納期の特例に関する申請書


申請書名 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書 
特別徴収税額の納期の特例に関する申請書(記入例) 

用紙サイズ A4
事務の根拠 地方税法第321条の5の2
担当部署 財務部税務課市民税係  電話:22-3321(代) 内線1122,1129 
事務の流れ 【制度の概要】
 納期の特例は、市民税・県民税の特別徴収義務者(事業主)で、給与の支払を受けるものが(洲本市内、市外を問わず)常時10人未満である場合に市長の承認を受けることにより、特別徴収税額を年2回に分けて納付することが出来る制度です。
※特別徴収の原則は、年間12回毎月納入。

【納入の時期】
 6月から11月分の納入については12月10日までに、12月から翌年5月分までは翌年6月10日までにお納めいただくことになります。
※納期限が、土曜日、日曜日又は祝日にあたるときは、その翌日が納期限となります。

【申請手続き】
 納期の特例を受けようとする特別徴収義務者(事業主)は事前に申請が必要となります。申請書に必要事項をご記入のうえ、税務課市民税係まで申請してください(郵送による申請でも結構です。)。
なお、納期の特例を受けるための条件は次のとおりです。

(1) 給与の支払いを受ける者が常時10人未満である。(洲本以外の従業員も含む。)
(2) 洲本市税において滞納がない。
(3) 納期の特例の取り消しを受けて1年以上が経過している。

【留意点】
 ○この特例は、納期に関する特例になりますので、従業員の方の給  与から毎月徴収してください。
 ○給与の支給を受けている従業員数が常時10人以上となった場合は、その旨を税務課市民税係までお届けください。
 ○従業員の異動があった場合は、必ず異動届をご提出ください。
 ○滞納があった場合、納期の特例の承認が取り消されることがあります。


戻る