ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報まとめ > 緊急事態宣言に基づく県発出対処方針を受けての市長メッセージ

緊急事態宣言に基づく県発出対処方針を受けての市長メッセージ

緊急事態宣言に基づく県発出対処方針を受けての市長メッセージ(4月8日)

 

4月7日、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令され、兵庫県知事から感染拡大防止に関する対処方針が発表されました。

緊急事態宣言は、感染拡大が新たな段階に入ったことを意味するもので、他国での例を見るような爆発的な感染拡大を食い止めようとするものです。

また、今回の対処方針では、「集団感染の解消」、「感染者からの第2次感染の封じ込め」、「海外帰国者対策」を中心に実施し、感染拡大の防止に向けた取り組みをさらに強く行うことが示されました。

淡路島内では、3月31日にはじめて感染者が確認されましたが、幸いにもその後、感染者は増加しておりません。

しかしながら、感染が拡大している阪神間とは隣接地域であることから、強い警戒が必要です。

こうした中、本市としては、この対処方針を受け、引き続き関係機関と連携を密にしながら、

公共施設の利用制限、会議・イベント開催の自粛など必要な対策の実施はもとより、

迅速な情報提供を行うことで感染者の拡大防止に努め、市民の生命と健康を守るために全力で取り組んでまいります。

どうか市民のみなさまにおかれましては、今一度、気を引き締めていただき、自分自身や家族また大切な人の命を守るため、

手洗いや咳エチケットなど感染症対策の基本を守っていただくとともに、

今回の重要ポイントである「不要不急の外出」を控えていただき、感染予防行動に努めていただくことをお願いいたします。

私たち一人ひとりのこうした行動が、何よりも感染拡大の抑制につながります。引き続きのご協力を強くお願いいたします。

 

相談窓口について

感染を疑う場合

新型コロナウイルス感染を疑う場合は、医療機関を受診する前に、

「帰国者・接触者相談センター」

(平日9時~17時30分:洲本健康福祉事務所 電話0799-26-2062、

休日及び夜間:県のコールセンター 電話078-362-9980)へ相談してください。

不明な点

ご不明な点等があれば、24時間体制で相談を受け付ける県のコールセンター(電話078-362-9980)にお問い合わせください。