ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ツナガルマチ > 平成31年度洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業の募集について

平成31年度洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業の募集について

あなたの“すもと暮らし”を応援します!

洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業について

 洲本市への移住・定住をさらにスムーズに行っていただくための新たな移住支援制度が創設されました。
 この制度は、空き家を購入したUJIターンの方だけではなく、移住・定住を希望される方のために空き家を賃貸される空き家の所有者の方もご利用いただけます。
 また、この制度の最大の特徴は、

(1)空き家の機能回復、設備改善などリフォームに要する経費のほか、

(2)空き家の家財等の撤去、処分に要する費用、

(3)空き家の登記に要する費用、

(4)空き家への移転(引越し)に要する費用、

(5)空き家の内覧、見学に要する交通費など、移住・定住を希望される方が、実際に住むまでに要する費用

(6)空き家の購入に係る媒介契約時に要する媒介手数料
などを総合的に支援し、安心してスムーズに移住を行っていただける内容となっています。

補助内容 ※表示の補助金額は上限金額

  購入物件

賃貸物件

※1登録空き家 ※2一般空き家  
補助対象者 空き家の購入者
(申請時20歳以上のUJIターン者または市内に転入して2年未満の者)
空き家の所有者
(UJIターンの移住者専用に賃貸する物件所有者)

補助率

補助対象経費の3分の1

空き家の機能回復、設備改善に要する費用【必須項目】

80万円 40万円 40万円

空き家の家財等の撤去、処分に要する費用

5万円 5万円 5万円

空き家の登記に要する費用

3万円 3万円 3万円

空き家への移転(引越し)に要する費用

5万円 5万円

空き家の内覧、見学に要する交通費

2万円 2万円
空き家の購入に係る媒介契約時に要する媒介手数料【平成31年度新設】 5万円 5万円
合計(最大) 100万円 60万円 48万円

 ※1登録空き家:洲本市空き家バンクに掲載されている空き家のこと。
 ※2一般空き家:登録空き家以外の空き家のこと。
 ※補助項目(1)は必須項目、(2)~(6)のみの申請は不可。
 ※本制度の申請(利用)については、諸条件がありますので、詳細については魅力創生課(Tel:0799-24-7641)までご連絡ください。

補助対象者

  • 申請時に20歳以上のUJIターン者であって、空き家を購入した方または市内に転入してから2年未満の方(※ただし、申請時前3年以内に住所地を3回以上変更した方は除きます。)
  • 空き家を専らUJIターン者の住居として賃貸しようとする当該空き家の所有者の方

補助事業概要チラシ

『洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業』チラシ [PDFファイル/108KB]

補助事業説明用パンフレット

『洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業』パンフレット [PDFファイル/698KB]

実施要綱

『洲本市移住及び定住のための空き家入居支援事業補助金交付要綱』[PDFファイル/113KB]

(平成31年4月1日 一部改正)
『移住及び定住のための空き家入居支援事業補助金交付要綱の一部改正』 [PDFファイル/88KB]

申請様式ダウンロード

1. 補助金の申請時に必要な書類

 ※このほか、設計図書(業務内容内訳書)、各種見積書及び領収書、契約書及び建物登記簿の写し、カラー写真(日付入り)など申請者でご準備いただく資料がございます。

2. 補助事業の内容変更に必要な書類

補助事業変更申請書(様式第4号)[Wordファイル/45KB]

 ※補助事業の内容等の変更は容易にできるものではございません。申請時の事業内容を実施いただくのが原則となります。内容を変更せざるを得ない場合は、事前に必ず企画課までご連絡ください。

3. 補助事業の完了後に必要な書類

 ※このほか、設計図書(業務内容内訳書)、各種見積書及び領収書、契約書及び建物登記簿の写し、カラー写真(日付入り)など申請者でご準備いただく資料がございます。

4. 補助金の請求に必要な書類

補助金交付請求書(様式第9号)[Wordファイル/44KB]

  ※補助金の請求については、補助事業完了後の書類審査及び完了検査等を合格した後に提出いただきます。

注意事項

  • 本事業については、予算が無くなり次第募集終了となります
  • 申請前に事前相談をされることをお勧めします

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)