ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ツナガルマチ > 洲本市子ども・子育て会議

洲本市子ども・子育て会議

洲本市子ども・子育て会議について

「子ども・子育て支援法」について

 平成24年8月、認定こども園制度の改善、認定こども園・幼稚園・保育所を通じた共通の給付(施設型給付)および小規模保育などへの給付(地域型保育給付)の創設を行い、質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供、保育の量的拡大・確保、地域の子ども・子育て支援の充実を図ることを目的とした「子ども・子育て支援法」などが成立・公布されました。

 同法においては、子ども・子育て支援施策の推進や保育所などの利用定員の設定などに関する意見聴取のため、審議会その他合議制の機関を置くよう努めることとされています。

「子ども・子育て関連3法」については内閣府ホームページをご参照ください。

洲本市子ども・子育て会議について

 「洲本市子ども・子育て会議」(以下「会議」)は、子ども・子育て支援法第77条に定める地方版子ども・子育て会議として、平成25年6月に洲本市条例により設置されました。

 この会議は、市が保育施設等の利用定員を定める際に意見を述べたり、平成26年度に策定する「洲本市子ども・子育て支援事業計画」へ子育て家庭の意見を反映させ、計画推進に必要な事項や施策実施状況を調査・審議することを目的としています。

 委員は、子どもの保護者、子ども・子育て支援の関係者、学識経験者などで構成し、任期は2年です。

設置根拠条例・傍聴要領

委員名簿

洲本市子ども・子育て会議委員名簿

「洲本市子ども・子育て支援事業計画」について

 平成27年4月から運用開始となる「子ども・子育て支援新制度」を円滑に実施するため、平成27年3月、「洲本市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。この策定にあたっては「洲本市子ども・子育て会議」において議論をし、事業対象の子どもを持つ保護者の方を対象に行った「洲本市子ども・子育て支援新制度におけるニーズ調査」並びに広く市民に募集した「パブリックコメント」の内容を反映させています。

洲本市子ども・子育て支援事業計画中間年の見直しについて

 平成27年度から平成31年度までの5か年計画となる洲本市子ども・子育て支援事業計画について、平成29年度がこの計画の中間年度に当たることから、過去2年間の実績等を踏まえた中間年の見直しを行いました。この見直しに基づき、引き続き子育て支援の取組みを推進します。
洲本市子ども・子育て支援事業計画中間年の見直し[PDFファイル/130KB]

「洲本市子ども・子育て会議」の開催状況等について

平成30年度

第12回洲本市子ども・子育て会議【平成30年8月28日(火曜日)】

平成29年度

平成28年度

第9回洲本市子ども・子育て会議【平成29年3月30日(木曜日)】

平成27年度

第8回洲本市子ども・子育て会議【平成28年3月1日(火曜日)】

平成26年度

平成25年度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)