ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 施設案内 > 観光施設 > ツナガルマチ > 令和元年度 海水浴場の開設について

令和元年度 海水浴場の開設について

 

夏といえば海水浴!


洲本市では、7月1日を皮切りに、海水浴場を順次開設します。
市の海水浴場としては、大浜のほか、炬口・新都志・五色県民サンビーチがあり、
それぞれ特色のあるビーチとして、夏の一時を演出してくれます。
マナーとルール、そして安全に十分注意して、今年の夏も海水浴を楽しんでください。

 

各海水浴場の開設期間

大浜海水浴場

令和元年7月1日(月曜日)~令和元年8月31日(土曜日)

8時30分~17時00分

炬口海水浴場

令和元年7月13日(土曜日)~令和元年8月18日(日曜日)

8時30分~17時00分

新都志海水浴場

令和元年7月13日(土曜日)~令和元年8月31日(土曜日)

8時30分~17時00分

五色県民サンビーチ

令和元年7月13日(土曜日)~令和元年8月18日(日曜日)

8時30分~17時00分

 

海水浴を楽しんでいただくためのお願い

安全に楽しく過ごしていただくために、禁止事項と注意事項を
守ってお楽しみください。

バーベキューについて

洲本市の海水浴場ではバーベキューをすることができます。

以下のルールを守って楽しくご利用ください。

  1. ごみは必ず持ち帰ってください。
  2. 22時までには終了して下さい。
  3. 周辺に迷惑となるような場所や火が引火する恐れのあるような場所で行わないでください。
  4. 専用コンロ等を使用して、直火で行わないでください。
  5. 大浜海水浴場・新都志海水浴場ではバーベキューエリアが指定されているので、エリア内で行ってください。

 

禁止事項

 

乱暴な言動などの禁止

乱暴な言動等で、他の海水浴場利用者を不安に思わせたり、恐れさせたりして、安全安心な海水浴場利用を妨げることを禁止しています。

騒音発生の禁止

海水浴場は夏季は海水浴を楽しめる憩いの場ですが、市民生活の憩いの場でもあるため、騒音の発生を禁止しています。

花火使用の禁止

各海水浴場は一部を除き花火禁止をしています。
※新都志海水浴場または五色県民サンビーチにおいて、午後6時から午後10時までの間はこの限りではありません。

キャンプの禁止

各海水浴場は近隣への迷惑や事件の発生等が心配されることから一部を除きキャンプを禁止しています。
※五色県民サンビーチはこの限りではありません。

直火の禁止

たき火などの行為は海水浴場を損傷し、汚損するため禁止しています。

植物の伐採・採取の禁止

自然を保護するため、樹木・草花を抜いたりすることは禁止しています。特に大浜海水浴場(大浜公園)は地区保全森林に指定されており、重要な松林として将来的に保全すべく、管理・保護をしています。

モリ・ヤスの携行禁止

モリ・ヤス等の危険な漁具は海水浴場内での携行はできません。

釣りの禁止

海水浴場内では釣り行為は危険なため禁止しています。

プレジャーボートの使用禁止

海水浴場内での水上バイクなどのプレジャーボートの使用は危険なため禁止しています。

ペット遊泳の禁止

海水浴場内でのペットの遊泳は禁止しています。

違法駐車の禁止

周辺道路などへの違法駐車は絶対にしないでください。

 

詳しくはこちら
洲本市海水浴場の設置及び管理に関する条例 [PDFファイル/209KB]
洲本市海水浴場の設置及び管理に関する条例施行規則 [PDFファイル/136KB]

 

 

上記以外でも他の利用者や近隣の迷惑となる行為はやめましょう。

 

注意事項

ごみの持ち帰り

ごみは必ず持ち帰りましょう。各海水浴場はごみ箱は設置していません。

準備運動はしっかり

海に入る前には必ず行ってください。

休息は十分に

体調がすぐれないときは海に入らないでください。

飲酒は禁物

アルコールを飲んで海に入るのは危険です。強いお酒や大量の酒類の持ち込みはご遠慮ください。

小さなお子様から目を離さないで

海水浴場内には水深が深い場所もあります。波打ち際であってもお子様が海に入る時は、保護者の方も一緒に入りましょう。

水分の補給は十分に

長時間太陽に当たることは避けてください。

日焼けのし過ぎに注意

日焼けはやけどです。日焼け止めを塗るなど、急激に肌を焼かないように気を付けてください。

遊泳エリアで遊ぶ

遊泳エリアは砂浜からブイまでとなっています。思わぬ事故の原因となりますので、ブイやロープにつかまったり引っ張ったりして遊ばないようにお願いいたします。

救助が必要なときは

海で助けが必要なときは、岸に向かって片手をあげ、大きく振ってください。

貴重品について

自分の持ち物、特に貴重品からは目を離さないようにしてください。不審な人物、不審な行為などを見かけた場合は管理事務所などに連絡してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)