ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防防災課 > 犯罪被害への理解を深めましょう

犯罪被害への理解を深めましょう

犯罪被害者等への理解を深めるために

 犯罪被害は、いつ誰におきるかわかりません。

 犯罪被害にあわれた方や、その家族・遺族の方(犯罪被害者等)が、被害から立ち直り、地域において再びおだやかに暮らせるようになるには、地域の皆さんの理解と配慮、協力が重要です。

 犯罪被害にあうということについて、一度じっくり考えてみてください。

 

犯罪被害者やその家族・遺族が受ける苦痛とはどんなものでしょう

 犯罪からはさまざまな被害が生じます。怪我を負ったり、最悪の場合には生命を失い、その家族はかけがえのない人を失うことになります(一次的被害)。被害後、周囲とのかかわりの中で、さらに傷つけられてしまう二次的被害に苦しめられます。

 

心理的苦痛

 事件の記憶がよみがえったり、怒りや不安をおさえきれなかったり、日常生活に支障をきたします。

身体的苦痛

 からだや心に大きなダメージを受け、その後長い間、後遺症に苦しみ、最悪の場合は、生命を失ってしまうこともあります。

経済的苦痛

 財産が失われたり、治療のための医療費や裁判の費用が必要となるなど、想定外の負担がのしかかります。

社会的苦痛

 周囲の無責任なうわさや興味本位な質問、配慮のないマスコミの取材、報道などで、誰も信じられなくなってしまいます。

 

良かれと思って言った言葉で、相手を傷つけてしまうことも・・・

 人それぞれ、被害の状況は異なります。回復を求める言葉や努力を促す言葉は、被害者に負担をかけることが多いので、注意が必要です。

 

不適切な言葉と犯罪被害者等の心理

不適切な言葉

犯罪被害者等の心理

早く忘れて

忘れることなんかできない

頑張って

これ以上頑張れない

辛いのはあなただけではない

誰かと比較しないで

もう少し注意していればよかったのに

私が悪かったの?

いつまでも泣いていたらダメ

だからどうだっていうの

◇被害者の立場を思いやり、言葉が見つからないときは、静かにそばに寄り添い、見守ってください。

 

あなたにもできることを考えてみましょう

 犯罪被害者等が傷つき苦しんでいるとき、周囲の人の支えが大きな助けになります。

 被害者を孤立させることなく、被害者の怒りや悲しみを理解し、支えになってください。

 

日常生活

 家事や買い物、子供の世話など負担を減らす

話し相手

 親身になって話を聴いて孤立感をやわらげる

付き添い

 一人では心細い、警察・裁判所へ付き添う

見守り

 気にかけ見守りながらも、今はそっとしておく

 

※ただし、あなたがしてあげたい気持ちと、被害者が望んでいることは、違うかもしれません。その時は、自分の気持ちを押し付けないで、相手の気持ちを尊重してください。

 

その他

洲本市犯罪被害者等支援条例や相談窓口については市ホームページ「洲本市犯罪被害者等支援条例」をご覧ください。