ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > マイナンバー(社会保障・税番号)制度とは

マイナンバー(社会保障・税番号)制度とは

マイナンバー(社会保障・税番号)制度について

平成28年1月に開始されたマイナンバー制度について紹介します。

マイナンバー(社会保障・税番号)制度とは

 複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤です。

マイナちゃん

マイナンバーキャラクター

「マイナちゃん」

マイナンバーとは

 マイナンバー(個人番号)とは、住民票を有する一人ひとりに付番された12桁の番号のことです。
日本人だけではなく、中長期在留者・永住者・特別永住者の外国人の方にも付番されます。
また、マイナンバーは社会保障、税、災害対策の法令で定められた手続のために、国や地方公共団体、年金・医療保険者などに提供するものです。法令で定められた目的以外に、むやみに他人に提供するものではありません。

期待される効果

  • 所得把握の正確性が向上し、適正・公平な課税につながります。また、社会保障でも未払いや不正受給を解決し、確実な給付を行います。
  • 行政サービス(年金や福祉等)を受けるための添付書類が削減され手続きが簡素化される等、利便性が向上します。
  • 行政機関間の連携が進み、手続きが正確で早くなり作業の重複などの無駄が削減され効率化が図れます。

「通知カード」について

 平成27年10月から住民票を有する人に、12桁のマイナンバーが記載された「通知カード」が世帯主宛ての簡易書留(転送不要扱い)で送付されています。
 「通知カード」には、住所、氏名、生年月日、性別とマイナンバーが記載されています。
記載されている氏名や住所等を変更する手続きの際には通知カードが必要になりますので、必ずご持参ください。
また、平成28年1月以降、行政機関等への各種手続時にマイナンバーが必要となるため、通知カードは大切に保管してください。

通知カード
通知カード(イメージ)

「マイナンバーカード(個人番号カード)」について

「マイナンバーカード」は表面に住所、氏名、生年月日、性別と顔写真等、裏面にマイナンバーが記載されICチップが搭載されたものです。
本人確認のための身分証明書として利用できるほか、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、証明書コンビニ交付サービス、e‐Tax(国税電子申告・納税システム)をはじめ各種電子申請等に使用できます。

*既に住民基本台帳カードをお持ちの方は、その有効期限まで利用できますが、マイナンバーカードとの重複所持はできませんので、マイナンバーカードを申請した方は交付する際に返納して頂く必要があります。

マイナンバーカード表

マイナンバーカード(表)イメージ

マイナンバーカード裏

マイナンバーカード(裏)イメージ

マイナンバーカードの申請について

希望者は申請することにより、「マイナンバーカード」の交付を受けることができます。
通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」を使って、以下のいずれかの方法で申請できます。

  1. 郵送による申請
  2. パソコンによる申請
  3. スマートフォンによる申請

※住所・氏名等記載内容に変更があった申請書は使用できませんのでご注意ください。
申請書を紛失したり、記載内容に変更があった場合は、市民課(本庁舎)・窓口サービス課(五色庁舎)・由良支所にて申請書の再交付が必要です。
マイナンバーカードの詳しい申請方法はこちら<外部リンク>

マイナンバーカード交付申請書
個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(イメージ)

マイナンバーカードの受け取りについて

 マイナンバーカードの交付準備ができましたら、本人宛てに「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」(以下「照会書」という)を転送不要の普通郵便で送付します。
照会書に記載されている必要書類をご持参のうえ、本人がお越しください。

交付場所について
交付場所は照会書に記載されています。

  1. 市民課(本庁舎)
  2. 窓口サービス課(五色庁舎)
  3. 由良支所

※照会書に記載されている交付場所以外での受け取りを希望される場合は、事前(2~3日前)にご連絡ください。

手数料について
初回交付手数料は無料です。
カード紛失等に伴う再発行手数料は800円です。
※電子証明書の再発行も同時にされる場合の再発行手数料は1,000円になります。

「証明書コンビニ交付サービス(コンビニ交付)」について

 マイナンバーカードをお持ちの方は、マイナンバーカードを利用して全国のコンビニ等のマルチコピー機(コンビニ端末機)をご自分で操作し、住民票等の証明書が簡単に取得できます。
※証明書コンビニ交付サービスの利用には、利用者証明用電子証明書の4桁の暗証番号が必要です。
証明書コンビニ交付サービスの詳細はこちらをご覧ください。

マイナンバー総合フリーダイヤル

Tel:0120-95-0178
受付時間

  • 平日9時30分~20時00分
  • 土日祝9時30分~17時30分
    (年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
  • マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受付。
    ※外国語でのご利用をご希望の方は、0120-0178-27(フリーダイヤル)におかけください。

個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)(※通話料がかかります)

Tel:0570-783-578
受付時間

  • 全日8時30分~20時00分
    (年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
  • マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受付。
    ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、050-3818-1250におかけください。
    ※外国語での対応をご希望の方は、0570-064-738におかけください。
    対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語。

聴覚障がい者専用お問い合わせFax番号

Fax:0120-601-785
回答については「個人番号カードコールセンター」からFaxで送信されます。

マイナンバー制度について詳しくは下記サイトにて