ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 【令和元年6月号】~業者点検トラブル編~

【令和元年6月号】~業者点検トラブル編~

洲本市消費生活センターでは、消費者被害を未然に防止するため、悪質商法の手口や、くらしに関する様々な情報を提供しています。消費者の皆さんがトラブルに遭わないためにぜひ参考にしてください。

水漏れ!広告では「見積もり無料」でも、作業費は請求?!

【相談事例】
蛇口から水が漏れたので「見積もり・出張無料」と書かれたチラシの事業者に見積もりを依頼した。来訪した事業者は「詳しい見積もりのため水道管の内部を見る」と蛇口を取り外し「内部の状態もよくない。給水設備全体の交換が必要」と50万円の見積書を出した。「高額なのですぐに返事はできない」と言うと蛇口を取り外したまま帰った。あとで電話で工事を断ったところ、「蛇口取り外し料金2万円を支払って」と言われた。(70歳代 女性)

【ひとこと助言】
★広告に「見積もり無料」と書かれていたのに実際は調査費や見積もりにかかった作業費等を請求されたという相談。広告をうのみにせず、見積もりにあたっての料金が発生するのか、キャンセル料が発生するのか等をあらかじめ確認することが大切です。
★事業者に契約をせかされても慌てず、料金や内容を確認し、納得できない場合はその場で契約しないようにしましょう。

点検のはずが・・・強引なシロアリ駆除サービスの勧誘

【相談事例】
「お宅から羽アリが飛んできているとクレームが出ているので点検に来た」と業者が来訪。しつこく何度もシロアリ駆除を勧められ、怖いので帰ってもらうため契約した。作業前に代金を支払うよう言われ現金で約50万円支払った。(70歳代 女性)

【ひとこと助言】
★無料で点検させてほしいと訪問してくる事業者には対応しないようにしましょう。
★契約を勧められてもその場ですぐ決めず、家族や近所の人など周囲の人にも相談しましょう。
★家族や周囲の人も高齢者の家に不審な訪問者が来ていないか、家の中に見慣れない封筒や契約書がないかなど、日頃から気を配りましょう。


困ったときは悩まず、洲本消費生活センターにご相談ください。

(消費者ホットライン188 直通電話 22-2580)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)