ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

  新型コロナウイルス感染症に関する、誤解や偏見などにより、感染された人とそのご家族や周囲の人、治療にあたっている病院関係者、海外からの帰国者等に対する不当な差別、いじめ等があってはなりません。
また、近年では、テレビや新聞などの報道機関だけでなく、SNS等での投稿や書き込みなど、誰もが情報を発信できるようになっているため、誤った情報や根拠のない噂等の不確かな情報に惑わされて、誹謗中傷や風評被害を発生させないようにしましょう。
正しい情報に基づき、冷静な行動をこころがけましょう。

人権に関するご相談について

不当な差別、いじめ等の人権問題に関しては下記の窓口にご相談ください。

 

 法務省・全国人権擁護委員連合会

  電話 0570-003-110 

  (平日:午前8時30分から午後5時15分まで)

 

 洲本市 市民生活部 市民課人権推進室

  電話 0799-22-2580 

 (平日:午前8時30分から午後5時15分まで)