ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

セアカゴケグモについて

 セアカゴケグモは、もともと熱帯地方に見られるクモですが、日本国内でも平成7年秋に大阪府内で発見されて以来、阪神地区湾岸部で繁殖が確認されています。攻撃的なクモではないので、素手で触らない限り、咬まれることはありません。また、毒をもっていますが、咬まれてもまず生死にかかわることはないのでパニックに陥らないようにしてください。
 なお、洲本市においても市内各地で発見されておりますので注意をお願いします。

セアカゴケグモの特徴

セアカゴケグモ

体の特徴

メスは体が黒く、腹部背面に赤い帯状の模様。
体長1cm程度(足を除く)、腹部が丸く大きい。
オスはメスの約3分の1程度の大きさで体は白っぽく、赤い模様は無い卵のうは6~7mmの球状で白っぽい。

生息場所

屋外の歩道縁石の横穴、プランター下部の隙間、溝蓋の裏など。

退治方法

ハエ、蚊などに使用する市販の殺虫剤(ピレスロイド系)を噴霧するか、踏みつぶすことで容易に退治することができます。

咬まれたときは

咬まれたところをすぐ水で洗って清潔にし、すぐに医療機関に相談してください。