ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 70~74歳の被保険者に係る窓口負担見直しについて

70~74歳の被保険者に係る窓口負担見直しについて

 70歳から74歳の方の窓口負担は、法律上2割となっていますが、特例措置でこれまで1割負担とされていました。
 平成26年度から、より公平な仕組みとするため、この特例措置が見直されることとなりました。
 見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることのないよう、平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える方から段階的に実施されることとなりました。

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方

 (誕生日が昭和19年4月2日以降の方
 70歳の誕生月の翌月(ただし、各月1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担が2割になります。
 (例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割負担になります。)
 ※一定以上の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方

 (誕生日が昭和19年4月1日までの方
 平成26年4月以降も医療費の窓口負担は1割のまま変わりません。(特例措置)
 ※一定以上の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
 窓口負担の毎月の自己負担限度額も変わりません。

誕生日 平成26年4月診療分までの窓口負担割合 平成26年5月診療分からの窓口負担割合
昭和19年4月2日以降の方 3割 2割
昭和19年4月1日までの方 1割(特例措置) 1割(特例措置)

ご注意

 毎年8月に前年の所得情報で窓口負担の区分を見直しますので、一定以上の所得がある方は、3割になります。

問い合わせ先

保険医療課国保年金係 0799-24-7635(直通)