ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品を使ってみましょう

ジェネリック医薬品とは?

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先に発売された薬(先発医薬品)の特許期間終了後に厚生労働省の認可のもとで他のメーカーが製造販売する、先発医薬品と同等の効力・効果を持つ薬のことです。
 ジェネリック医薬品は開発コストが少ない分、先発医薬品より安く価格が設定されています。

注意していただきたいこと

  • すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • 症状や病状によっては、医師の判断により、先発医薬品からジェネリック医薬品に変更できないことがあります。
  • すべての医療機関・調剤薬局で扱われているわけではありませんので、対応できない場合もあります。
  • 薬局に在庫がないとき、お薬を用意するのに時間がかかることがあります。

ジェネリック医薬品に変えるには?

 洲本市国民健康保険加入者のみなさんに一人1枚ずつお渡ししています「ジェネリック医薬品希望カード」を医療機関や調剤薬局で提示してください。
 提示するとジェネリック医薬品を希望する意思があることを伝えることができます。
 まずは医師や薬剤師に希望カードを提示して相談してみましょう。

 ※ジェネリック医薬品の希望カードは保険医療課国保年金係窓口で配布しています。