ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険医療課 > 年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金は、令和元年10月に消費税が8%から10%に引き上げされることに伴い、公的年金等の収入額や所得額が一定基準額以下の年金受給者に対して、年金に上乗せして支給されるものです。

給付金は受給している年金によって、老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金、障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金に分かれます。

なお、給付金はすべて非課税です。

 

 

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

65歳以上で老齢基礎年金を受けており、市県民税非課税世帯で、本人の前年の年金収入額と所得額が879,300円以下である方に支給されます。

給付金額は、月額5,000円を基準に、保険料納付済期間等により変わります。

 

 

障害年金生活者支援給付金

障害基礎年金を受けており、本人の前年の所得額が4,621,000円(扶養親族の人数により変わります)以下である方に支給されます。

給付金額の月額は、障害等級1級6,250円、2級5,000円です。

 

 

遺族年金生活者支援給付金

遺族基礎年金を受けており、本人の前年の所得額が4,621,000円(扶養親族の人数により変わります)以下である方に支給されます。

給付金額の月額は5,000円です。ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,000円を子の人数で割った金額がそれぞれに支給されます。

 

 

給付金が支給されないとき

次のいずれかに該当する場合は、給付金は支給されません。

・日本国内に住所がないとき。

・年金が全額支給停止されているとき。

・刑事施設等に拘禁されているとき。

 

 

請求手続き

平成31年4月1日以降、老齢基礎年金等を請求する際に年金生活者支援給付金も同時に申請します。なお、すでに年金を受給されている方には、令和元年9月頃に日本年金機構から請求書類が送付されますので、必要事項をご記入のうえ、日本年金機構に直接ご返送ください。

手続きに必要なものは以下のとおりです。

・年金生活者支援給付金請求書

・印かん