ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 児童福祉 > こども医療費受給者証を送付します

こども医療費受給者証を送付します

現在、乳幼児等医療費受給者証をお持ちの新小学4年生になる方へ
こども医療受給者証を送付します


乳幼児等医療費受給者証をお持ちの新小学4年生(平成22年4月2日生~平成23年4月1日生)の受給者へ、こども医療費受給者証をお送りします。
現在受給されている「乳幼児等医療費助成制度」は小学3年生までで終了し、小学4年生からは「こども医療費助成制度」に変わります。4月1日からは3月末までに送付のこども医療費受給者証をご使用ください。
ご使用にあたっては、受給者証の裏面の注意書をよくお読みの上、受診するときは必ず医療機関等の窓口に健康保険証と一緒に提示してください。
※今お持ちの乳幼児等医療費受給者証(有効期限が3月31日まで)は、4月1日以降使用できませんので、お手数ですが各自で処分してください。
※新小学4年生以外のお子様の受給者証につきましては4月1日以降も引き続いてお使いいただけます。

<こども医療費助成について(対象:小学4年生~中学3年生)>

受給者証を提示することにより、県内の医療機関等で受診したときの自己負担が下記のとおりとなります。

対象者

自己負担額【通院】

自己負担額【入院】

小学4年生から中学3年生

無  料

無  料

※通院・入院に関わらず、医療費が高額になる場合は、限度額適用認定証の提示をお願いします。

◆受給者証の更新・判定基準について

判定基準:小学4年生~中学3年生のお子さまの生計を維持する保護者等の市町村民税所得割額の合計が23万5千円未満 (住宅借入金等特別税額控除、寄付金税額控除の適用前の額から、16歳未満の扶養親族1人につき19,800円、16歳以上19歳未満の扶養親族1人につき7,200円を控除した額)
毎年6月に所得の見直しにより、「医療費受給者証」の更新をします。

他の医療費助成が受けられるとき

学校管理下において生じたケガ等、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害給付の対象となる場合や、自立支援等他の公費負担医療の給付を受けることができるときは、この受給者証は使えません。

◆医療費の償還払いについて

次のようなときは、申請により、審査の上、医療費を支給します。
1.兵庫県以外の医療機関で受診したとき
2.健康保険法等の規定で(治療用装具など)現金払いしたとき

<申請に必要なもの>
・領収書(受診者の氏名、医療点数等の明記されたもの)
・医療費受給者証
・印かん(朱肉を使用するもの)
・健康保険証 ・預金通帳
・高額療養費等支給決定通知書(療養費・高額療養費・付加給付の該当者)

◆こんなときは届出をお願いします。

こんなとき

届出に必要なもの

市外へ転出したとき

印かん、受給者証

氏名、居住地、医療保険が変わったとき

印かん、受給者証、健康保険証

扶養義務者が変わったとき

印かん、受給者証、健康保険証

市町村民税の更正があったとき

印かん、受給者証、健康保険証

交通事故にあったとき

印かん、受給者証、健康保険証、交通事故証明書


【お問い合わせ先】
洲本市本町三丁目4番10号(洲本市役所内)
洲本市市民生活部 保険医療課 医療係
電話:0799-24-7608(直通)  0799-22-3321(代表)