ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農地整備課 > 産業振興部に属する防災対策事業(ため池)

産業振興部に属する防災対策事業(ため池)

ため池の防災対策

 近年、局地的な大雨や大規模な地震の発生などにより、ため池の被害が各地で発生しています。

 洲本市には多くのため池があり、様々な防災対策を行っています。

 そして、多くのため池の中から、 防災上特に必要なため池は「防災重点ため池」に指定しています。

 ここでは、防災重点ため池に対して行っている防災対策を紹介します。

1.点検

 ため池の状態を定期的に点検しています。(5年に1回)

 また、老朽化がひどいため池はため池サポートセンターに依頼し、年1回点検しています。

2.災害の未然防止

 農家の皆さんにも協力していただき、点検を行ってもらうため、「ため池管理マニュアル」の配布、講習会を開催しています。

 大雨の際にため池の水を事前に放流することにより、下流域へ流れる洪水の時間をずらし被害を軽減するように、農家の皆さんに協力お願いしています。

 (1)ため池マップの作製

 「防災重点ため池」がどこにあるか、マップを作成しました。画像をクリック→リンク

 (2)ハザードマップの作製

 特に重要なため池に対して、避難対策のために作成しています。画像をクリック→リンク

 (3)浸水想定図の作成

 重要なため池に対して、避難対策のために作成しています。画像をクリック→りんく

3.防災工事

 堤体が著しく侵食または、漏水などにより危険な状態である場合は、ため池の利用者(農家の皆さん)と話し合い、ため池改修工事を行います。

改修工事は工事規模、工事方法により様々な補助制度があります。