ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 林務水産課 > 伐採及び伐採後の造林届

伐採及び伐採後の造林届

伐採及び伐採後の造林の届出

 森林の立木を伐採する際には、森林法第10条の8により「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が義務付けられています。
 これは、違法な伐採を未然に防ぎ、災害に強い森林を守るために設けられた制度です。
 届出の必要な森林は、地域森林計画の対象となっている森林です。(対象森林かどうかは、市役所林務水産課までお問合せください。)ただし枝払い等、森林を成長させるための手入れ等で木を伐採する場合は届出の必要はありません。
 届出は、所定の様式により伐採の90日前から30日前の間に行う必要があります。
 また、0.8haを超える伐採については小規模開発の届出が、1haを超える伐採については林地開発許可申請が必要です。小規模開発の届出及び林地開発許可の申請は洲本農林水産振興事務所に提出してください。
※森林の所有者でないものが森林の伐採をする場合には、森林所有者との連名が必要です。

必要書類
伐採及び伐採後の造林の届出書[Wordファイル/50KB]・位置図

記載例