ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 議長メッセージ(令和2年6月26日)

議長メッセージ(令和2年6月26日)

6月定例市議会に関する議長メッセージ

 5月21日の緊急事態宣言の解除を受け、兵庫県では6月1日から感染予防対策の徹底を前提に、全ての施設に対する休業要請が解除されました。

 しかしながら、緊急事態宣言が解除されたからといって、直ちに感染リスクがなくなるということでは決してありません。

 市民の皆さまには、丁寧な手洗いや咳エチケットの徹底、「3つの密」を避ける行動など、新しい生活様式へのご協力をお願いいたします。

 それでは、6月25日に閉会しました、6月定例市議会の概要について報告いたします。

 今定例市議会に提出されましたのは、令和元年度の繰越明許 繰越計算書の報告が5件。一般会計補正予算が2件。条例の一部改正が9件。議案のその他が2件。合わせて18件が市長より提出され、慎重審議の結果、可決しました。

 この6月定例市議会に提出されました補正予算には、5月臨時市議会にて可決いたしました決議の項目に対し、夏季休業期間の短縮に伴う授業実施日の給食費の無償化。ひとり親世帯への支援。家庭学習のためのモバイルルータの整備など、市民生活の不安を払拭するための支援策を早急に実現いただき、1日も早い予算執行を行っていただくよう第1日目に採決を行いました。

 また、5月臨時市議会において可決しました、市議会議員の本年6月期の期末手当を支給しないという条例の一部改正を受け、議会費から1,545万6千円の減額補正を行い、これらの施策の財源に充てるよう、市長へ要請いたしました。

 今後も、市議会は、新型コロナウイルス感染拡大防止を図りながら、市との連携・協力のもと、市民の皆さまの安全を確保し、安心して生活を送っていただけるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。