ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 議長メッセージ(令和2年9月25日)

議長メッセージ(令和2年9月25日)

9月定例市議会に関する議長メッセージ

 新型コロナウイルスの感染者数は減少に転じ、収束傾向にあるように感じますが、感染者の多くは、無症状や軽症が多いという特徴もあり、自分が感染しているかもしれないという気持ちを持って行動していただき、周囲の大切な人を守りましょう。

 それでは、9月24日に閉会しました9月定例市議会の概要についてご報告いたします。今年は、開かれた議会を目指す一環として、議会の見える化に取り組んでいますが、今定例会からは、各常任委員長が閉会中に実施されました所管事務調査について報告を行いました。

 次に、市長より提出されました27件の報告案件や議案等について報告いたします。まず、専決処分と健全化判断比率及び資金不足比率の2件が報告されました。また、一般会計補正予算や特別会計補正予算など5件、条例の制定や一部改正の4件、その他の案件3件が可決され、人体案件1件を同意しました。さらには、令和元年度の一般会計や特別会計などの決算認定12件も認定しました。

 続いて、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書について、ご報告いたします。新型コロナウイルス感染症の影響により、地方自治体では、医療、介護、子育て、雇用の確保など喫緊の財政需要への対応をはじめ、長期化する感染症対策にも迫られ、地方財政は巨額の財政不足を生じ、これまでにない厳しい状況に陥ることが予想されております。そのため、国に対し令和3年度地方財政対策及び地方税制改正に向け、5項目を実現されるよう強く要望します。

 今後も、市議会は、新型コロナウイルス感染防止を図りながら、市との連携・協力のもと、地域経済活動の回復と市民の皆さまに安心して生活を送っていただけるよう、引き続き全力で取り組んでまいります。