Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 議長メッセージ(令和2年12月18日)

議長メッセージ(令和2年12月18日)

12月定例市議会に関する議長メッセージ

 淡路島内の新型コロナウイルス感染者数が100人を超え、介護施設でのクラスターのほか、感染経路不明と見られる感染者も確認されるなど、予断を許さない状況となっております。市民の皆さまには、改めて3密の回避、マスクの着用、手洗い、新しい生活様式「ひょうごスタイル」に取り組んでください。

 それでは、12月17日に閉会しました12月定例市議会について紹介いたします。
 まず、定例会の開会に先立ち、議場コンサートを実施いました。新型コロナウイルス感染拡大防止により国内の音楽、演劇をはじめ、芸術に携わる人々が公演を開催することが出来ず、苦境に陥っています。そのため市議会として、芸術家への支援を行いたく、本市に縁のある人に、議場で演奏を行っていただきました。
 議場コンサートに続き、本会議が始まりましたが、ここからは、今回の定例市議会の概要を報告いたします。
 まず、各常任委員長から閉会中に実施されました所管事務調査について報告を行いました。
 次に、市長より20件の議案が提出され、今回は、一般会計や特別会計などの補正予算9件、条例の一部改正6件、その他の議案4件、人事案件1件の提出があり、いずれも可決・同意しました。
 この一般会計補正予算では、新型コロナウイルス感染症の影響により、今年度、市議会では、各常任委員会や議会運営委員会で実施する行政視察、市政調査を中止し、その経費に掛かる費用を減額しました。また、地方議員の資質向上を図り、地方議会の活性化を図っていくため、地方自治法に規定されている、地方議会議員の調査研究その他の活動に必要な経費の一部として交付される政務活動費についても、手続きを踏んで、全額減額の措置を行いました。そして、これらの減額分をコロナ対策などの財源としていただくことにしました。
 次に、請願と意見書について報告いたします。「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」の各施設で、屋根・壁・床の資材に淡路瓦の使用、推奨を求める請願書を採択し、意見書を可決しました。また、激甚化する自然災害への対応と地域の安全・安心を確保するための社会資本整備の更なる推進を求める意見書も可決し、関係機関へ送付いたしました。以上で、12月定例会市議会の概要についての報告を終わります。

 今後も、市議会は、市との連携・協力のもと、地域経済活動の回復と市民の皆さまに安心して生活を送っていただけるよう、引き続き全集中で取り組んでまいります。