Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 議長メッセージ(令和3年12月17日)

議長メッセージ(令和3年12月17日)

12月定例市議会に関する議長メッセージ

こんにちは議長の小松です。

早いもので令和3年も残すところあとわずかになりました。
議会では新型コロナウイルス感染症の影響により、今年も行動の自粛を余儀なくされ、市民の皆さまとの意見交換の場が思うように持つことができませんでした。そのため、開かれた議会を目指し、議会報告会をオンラインによる動画配信で行い、議会活動の報告をさせていただきました。ご覧いただけましたでしょうか。

それでは今回は、12月15日に閉会しました、12月定例市議会について報告します。
今定例会では、市長より25件の案件が提出され、専決処分の報告が3件、補正予算・条例の一部改正・その他の議案のあわせて22件を可決しました。また、議員提出議案として洲本市議会議員の議員報酬及び 期末手当の特例に関する条例制定を可決しました。
本年、3月定例市議会で、洲本市議会会議規則の改正を行い、議員の本会議や委員会への欠席事由を明文化しましたが、この規則改正の協議とあわせて、議員の長期欠席における議員報酬等の減額についても、重要で喫緊に取り組むべき議題として、検討、議論を重ね、新たに条例を制定することとなりました。
内容は、ご覧のとおり、議員が議会の会議等を欠席したときは欠席期間の区分に応じ、議員報酬、期末手当を減額するものです。
なお、公務上の負傷や疾病により療養のため勤務できない期間や、女性議員の出産による産前産後の期間、感染症による就業制限や入院の期間などは対象外とすることや、議員報酬の不支給や一時差止めの内容を明記し、令和4年3月19日より施行します。

最後に、今期の議員任期も残りわずかになりましたが、議員18名全員が心をひとつにして、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する取り組みを一層進め、地域経済活動の回復と市民の皆さまに安心して生活を送っていただけるよう全力で取り組んでまいります。