Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 議会事務局 > 議長メッセージ(令和4年12月29日)

議長メッセージ(令和4年12月29日)

 こんにちは議長の小松です。

 早いもので令和4年も残すところあとわずかになりました。

 本年は、新型コロナウイルス感染症に加え、原油価格高騰による物価高など、地域経済や日常生活など様々なところに大きな影響がでてきており、本市としても数々の支援や対策を行っているところであります。

 それでは、12月28日に閉会しました、12月定例市議会について報告いたします。

 今定例会では、市長より29件の案件が提出され、専決処分の報告が4件、補正予算・条例の一部改正・その他の議案のあわせて25件を可決しました。主な内容としては、新型コロナウイルス感染症対策、物価高騰に係る市民生活支援など各種施策を実施するための補正予算や個人情報の保護に関する法律施行条例制定など市政の当面する重要な案件でありました。

 次に、洲本市議会としては、これまでも議会運営委員会において、常任委員会の複数所属や事務事業評価の導入など、組織の見直しによる議会機能の維持、及び強化に向けた議会改革が行われてきました。また、今後の人口減少による財政規模の縮小を踏まえた議員定数の調査検討についても進められてきました。しかし、議員定数の削減については、それぞれの会派によって意見や考え方が異なり、議会運営委員会としての結論は出ず、協議は終了しておりました。

 この度、9名の有志議員により議員定数を2名減とする条例改正案が提案され、賛成多数で可決されました。この条例は、公布の日から施行し、施行後最初に行われる一般選挙から適用されることとなっております。また、1月15日発行予定の洲本市議会だよりには提案理由や質疑、討論などを掲載しておりますので、ぜひご一読ください。

 最後になりますが、今後も、市民の思いを市政に反映していくという地方議会の原点を意識し、執行部との連携・協力のもと、地域経済活動の回復と市民の皆さまに安心して生活を送っていただけるよう、引き続き全力で、取り組んでまいります。