ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 地域再生計画(道整備交付金)の事後評価の公表について

地域再生計画(道整備交付金)の事後評価の公表について

 地域再生法(平成17年法律第24号)に基づき、内閣総理大臣の認定を受けた地域再生計画『「食」 による南淡路地域活性化計画」』(平成17年6月17日認定)について、事後評価を実施しましたので公表します。
 洲本市では、兵庫県および南あわじ市と平成17年度から平成22年度までの期間で地域再生計画を策定し、道整備交付金を活用しました。

地域再生計画とは

 地域再生法に基づき、地域が行う自主的かつ自立的な取組みによる地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出等を総合的かつ効果的に推進するため、地方公共団体が作成し内閣総理大臣により認定を受けた計画です。

道整備交付金とは

 地域における経済基盤の強化または生活環境の整備のため、特に、地域における交通の円滑化及び産業の振興を図ることを目的とした国からの交付金です。地域再生計画に基づいた関連性を有する道路や農道または林道の効率的な整備を支援します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)