ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 橋梁点検結果の公表について

橋梁点検結果の公表について

洲本市橋梁点検結果について

 平成26年7月より道路管理者は、すべての橋梁について、近接目視により点検を行い、その結果として健全性を4段階に診断することが義務付けられました。
 点検結果は、橋梁の各部材の状態を把握、診断し、必要な措置を特定するために活用することを目的としています。
 なお、定期点検は、5年に1度、近接目視による点検を行い、以下の表に掲げる統一的な尺度に基づき、その健全性を診断することとされています。

区分 状態
1 健全 構造物の機能に支障が生じていない状態
2 予防保全段階 構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態
3 早期措置段階 構造物の状態に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態
4 緊急措置段階 構造物の状態に支障が生じている、または生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態

洲本市の定期点検結果は次のとおりです(橋長15m以上の橋梁)

橋梁点検結果一覧表[PDFファイル/58KB]

(平成30年3月現在)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)