ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 障害者のコミュニケーション手段等の選択の機会の確保及び拡大に関する条例骨子案にかかるパブリックコメントの実施結果について

障害者のコミュニケーション手段等の選択の機会の確保及び拡大に関する条例骨子案にかかるパブリックコメントの実施結果について

 洲本市では、障害者の情報の取得やコミュニケーションを促進し、障害の有無によって分け隔てられることのない共生社会を目指すための条例について、検討を進めており、今回、条例骨子案について市民の皆さんからご意見を募集しましたところ、86名、1団体からご意見が寄せられました。ご意見をお寄せいただいた方々には、お礼申し上げます。
 今般、お寄せいただいたご意見とそれに対する市の考え方をとりまとめましたので、次のとおり公表いたします。
 なお、ご意見につきましては、とりまとめの都合上、条例骨子案の記載順に並べ替えるとともに、一部要約しておりますので、ご了承ください。
 また、個々のご意見に対し、直接回答はいたしませんので、あわせてご了承ください。

  • 意見募集期間 平成28年12月17日(土曜日)から平成29年1月16日(月曜日)
  • 意見提出者数 86名、1団体
  • 受付意見数 172件

パブリックコメントの結果について([PDFファイル/256KB])
パブリックコメントの結果について([その他のファイル/34KB])

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)