ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 避難行動要支援者名簿

避難行動要支援者名簿

災害時の「もしも」に備えて避難行動要支援者名簿に登録しましょう

 市では要介護認定者や重度の障害がある人など、地震や台風などの災害が起きた時に何らかの手助けを必要とする人の名簿(避難行動要支援者名簿)の整備を進めています。

 名簿は、災害時において地域での避難支援活動などに活用するためのものです。

 また、情報提供に同意された人の名簿は、平常時においては、地域見守り活動にも役立てられます。

「洲本市避難行動要支援者名簿」登録申請書兼同意書 [PDFファイル/194KB]

 

避難行動要支援者とは?

この名簿の対象となる人は以下のいずれかに該当する人で、

災害自力避難困難人です。ただし、施設等に入所されている方は除きます。

・65歳以上のひとり暮らしまたは65歳以上の人のみの世帯の人

・1級または2級の身体障害者手帳をもっている人

・1級の精神障害者保健福祉手帳をもっている人

・A判定の療育手帳をもっている人

・要介護認定3から5の人

・上記以外でも市長が必要と認める人

 

☆この名簿は、普段からの地域の支え合い・助け合いの中で活用されることによって、災害時の被害を少しでも減らそうとするものです。

しかし、情報提供に同意することによって、必ず災害時の支援が約束されるものではありません。

 

避難支援者とは?

 要支援者に対し、自主防災組織、消防団、民生・児童委員などと協力し合いながら、災害に関する情報を伝えたり、一緒に避難したりするなどの支援を行うとともに、緊急時にこのような活動ができるように、日頃から声掛け等を行う近隣住民の方などです。(原則として2名の登録をお願いします。)

避難行動要支援者の近隣にお住まいの方へ

 災害時において、消防署をはじめとする行政機関や消防団などが行う避難誘導などの公的支援には、おのずと限界があります。

 また、避難行動要支援者にとって、実際に災害が発生した時の情報伝達や、安否確認、避難は、地域住民による支援が最も有効とされています。

 避難行動要支援者に対する避難支援等について、趣旨を御理解いただき、御協力をいただきますようお願いいたします。

 災害発生時には、まず、避難支援者ご自身やご家族の生命・安全を守ることが第一となります。

 このことから、避難行動要支援者の支援については、可能な範囲でお願いするものであり、避難誘導等に関して、その責任を伴うものではありません。

関連情報

市民みまもりカード

  一定の条件を満たす避難行動要支援者名簿登載者に、市民みまもりカードを交付します。

 

問い合わせ先

 市福祉課(本庁舎2階) Tel:26-1166(直通)

 市消防防災課(本庁舎4階) Tel:24-7623

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)