ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護福祉課 > 「認知症サポーター養成講座」の開催について

「認知症サポーター養成講座」の開催について

「認知症サポーター養成講座」の開催について

 認知症になっても安心して暮らせるまちを目指し、市では「認知症サポーター」の養成を行っており、下記のとおり、講座を開催します。

 どなたでも受講できますので、お気軽にお申し込みください。

認知症サポーターとは

 何か特別なことをする人ではなく、認知症について正しい知識をもち、認知症の人とその家族を温かく見守る応援者のことです。

 サポーターになるためには、認知症サポーター養成講座を受講することが必要です。

日時

 令和2年1月29日(水曜日) 13時30分から 約90分間

場所

 洲本市総合福祉会館(やまて会館)  3階  多目的ホール

   洲本市山手二丁目2番25号

定員

80名(先着順)

受講料

 無料

講座内容

1.テキストやDVDを用いて認知症を学ぶ。

講師:洲本市在宅介護支援センター加茂 主任介護支援専門員 安居 道彦 氏

 

2.講演「認知症介護の好循環と悪循環」

講師:生活応援ハウス楽笑庵 管理者 海道 泰憲 氏

 

3.洲本警察による交通安全の講座

 

   認知症サポーター養成講座 [PDFファイル/190KB]

 

申込方法

 お電話で下記までお申し込みください。

 介護福祉課(本庁舎) 電話 26-0600(直通)

駐車場

 駐車場には限りがありますので、駐車できない場合があります。あらかじめご了承ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>