ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種について

令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種について

ご希望の方は早めに予約のうえ10月中の接種をお勧めします!

接種時期ご協力のお願い [PDFファイル/200KB]

優先的接種の呼びかけQ&A [PDFファイル/41KB]

対象者

(1)洲本市に住民登録をしている65歳以上の方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)

接種期間

令和2年10月1日~令和3年1月31日

自己負担金

  1,500円

(生活保護受給者は免除。事前に市福祉課で「生活保護受給証明書」発行の申請をしてください。)

接種回数

1回

予防接種の受け方

(1)実施医療機関に予約をしてください。

(2)接種当日は医療機関に以下のものをお持ちください。

  ・健康保険証など住所、氏名、生年月日がわかるもの

  ・生活保護受給の方は「生活保護受給証明書」

  ・対象者(2)の方は身体障害者手帳

  ・接種料金

(3)医療機関に設置してある予防接種予診票に記入してください。

(4)接種後に交付される「インフルエンザ予防接種済証」を保管してください。

予防接種を受けることが適当でない方

(1)明らかに発熱している方(37.5℃以上)

(2)重篤急性疾患にかかっている方

(3)インフルエンザ予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシーを呈したことがある方

(4)インフルエンザの接種後、2日以内に発熱したり全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある方

担当医師とよく相談しなければならない方

(1)心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患等の基礎疾患がある方

(2)過去にけいれんの既往のある方

(3)過去に免疫不全の診断がされている方及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる方

(4)間質性肺炎、気管支喘息等の呼吸器疾患を有する方

(5)接種液の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある方

接種可能な医療機関

  接種可能な医療機関 [PDFファイル/62KB]

兵庫県の広域的予防接種医療機関で接種する場合

県内において、広域的に接種を受ける制度があります。事前に手続きが必要です。

ご希望の方は、必ず接種を受ける前に健康増進課にご相談ください。

兵庫県以外の医療機関で接種する場合

事前に手続きが必要です。

ご希望の方は、必ず接種を受ける前に健康増進課にご相談ください。

有効性及び副反応など

予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかりますが、効果は約5か月間持続するとされています。

予防接種の注射の跡が、赤みを帯びたり、腫れたり、痛んだりすること、また、わずかながら熱が出たり、頭痛、全身のだるさなどがみられることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。

接種後の一般的注意事項

接種後30分間は、急な副反応(アナフィラキシー)が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。

接種当日、入浴は差し支えありませんが注射した部位を強くこすらず、24時間は体調に注意しましょう。

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)