Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 9月は「自殺予防週間」、3月は「自殺対策強化月間」です

9月は「自殺予防週間」、3月は「自殺対策強化月間」です

9月10日から16日は、自殺予防週間です

国・県・市町村が連携した啓発事業等を通して、自殺や精神疾患についての正しい情報を普及啓発し、誤解や偏見をなくしていくとともに、命の大切さや自殺の危険を示すサイン、また危険に気付いた時の対応方法等についても理解を深めることを目的としています。
自殺予防週間ポスター

3月は、自殺対策強化月間です

毎年、月別自殺者の多い3月を「自殺対策強化月間」として、国・県・市町村・関係機関が連携し、当事者が支援を求めやすい環境を作ることを目的としています。

こころの相談窓口

ストレスが長く続く、ストレスとなる問題が解決しないと、こころの不調は誰にでも起こるものです。自分自身や家族、身近な人のこころの健康や生活のことで悩んでいませんか?

保健師が電話や面接、ご家庭に出向き相談にのることができます。かかりつけ医がいない場合は、予約制で精神科医による相談があります。
悩みを抱え込まず、まずは相談してみませんか?

【対象】洲本市にお住いの方やその家族、関係者
【内容】保健師・専門医等による相談
【相談窓口】洲本市健康増進課 TEL0799-22-3337
【受付時間】月~金曜日(祝日・年末年始除く)8:30~17:15
洲本市こころの相談

洲本市”誰でも”ゲートキーパー

こころの病気は、自分では気づきにくいので、周りの人が先に気づくことが大事です。
そこで、本市では、「健康すもと21(第2次)計画」に基づいて、「洲本市自殺0(ゼロ)実現推進委員会」で、『洲本市“誰でも”ゲートキーパーの手引き』を作成しました。
『洲本市“誰でも”ゲートキーパーの手引き』は、市民の誰もが、身近な方のからだやこころのストレスサインに早めに気づき、適切な支援・相談窓口につなげるための知識や情報について掲載しています。
家庭や職場、地域において、「いつもと違うな」と思った時に、この手引きを手に取り、身近な方のこころの健康づくりにご活用ください。
洲本市誰でもゲートキーパー手引き

その他の相談先

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>