Facebook pixel code(base)
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

 洲本市では、特定不妊治療を受けられるご夫婦の経済的な負担の軽減を図るために、
 治療費助成事業を行っています。

 

<重要なお知らせ>

 令和4年度から「特定不妊治療費」の健康保険適応を踏まえ、兵庫県の助成期間が変更されています。洲本市も兵庫県の変更にともない、助成の期間を延長します。兵庫県の申請の詳細については下記のURLより確認をしてください。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf17/hw13_000000016.html<外部リンク>

 

一般の方向け不妊治療の保険適応に関するリーフレット

https://www.mhlw.go.jp/content/000913267.pdf<外部リンク>

 

母子健康包括支援センターでは、ご相談や心身の疲労、不安についていつでもお話できるよう、助産師がいます。悩みや、こころのしんどさを一人で抱え込まず、話してみませんか?お電話、メールで対応しています。気軽にご連絡ください。

母子健康包括支援センター   0799-22-3337

           boshikenkou@city.sumoto.lg.jp

助成対象者
※すべて該当している
方が対象
  1. 洲本市内に住所を有する法律上の婚姻をしているご夫婦または事実婚のご夫婦
    特定不妊治療の全期間及び助成の申請日において、本市に住所を有すること
  2. 兵庫県の助成を受け、かつ兵庫県以外の助成を受けていないこと
助成内容 医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精・顕微授精)、男性不妊治療(対象は手術等の条件有り)に要する費用について、兵庫県の助成に上乗せします
助成額 治療に要した費用から、兵庫県の助成額を控除した額について治療1回につき上限10万円で助成します
指定医療機関 兵庫県が指定した医療機関(各健康福祉事務所等で公表しています)
申請書類等の配布・受付場所 洲本市健康増進課(洲本市健康福祉館1階
月~金午前8時30分~午後5時15分(土日祝休)
受付期間

兵庫県の助成額が決定した日から起算して90日以内

 

申請関係書類
  1. 洲本市特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書 [PDFファイル/91KB]
  2. ご夫婦の住民票の写し(続柄が記載されたもの)
    申請日より3か月以内のもの
  3. 兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  4. 兵庫県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写しまたは洲本市特定不妊治療受診等証明書[その他のファイル/101KB]
  5. 振込希望口座の通帳もしくはカード
支給方法 申請書等を審査し、承認したときは決定通知書を送付し、口座に振込します。

問い合わせ先

洲本市健康増進課 母子保健係 Tel:0799(22)3337

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)