ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > サービス事業所 > 休日等の救急医療について

休日等の救急医療について

まずは、応急診療所を受診してください

救急医療機関は、1次(軽症)、2次(重症)、3次(重篤)と急傷病者の容態別に応じた機能分担となっています。
洲本市では、日曜日及び祝日等における応急的な診療を行うため、洲本市応急診療所を設置しています。
ついては、救急搬送が必要とされるくらいのときを除き、まずは、応急診療所を受診してください。
応急診療所の受診後、より高度な医療が必要とされる場合等には、2次救急医療機関等をご案内いたします。

洲本市応急診療所の受付時間などは下記のとおりです。
せき・たん等のかぜ症状のある方は、マスクを着用のうえ来所ください。

応急・小児救急の診療

  受付時間 日曜日・祝日・年末年始(12月31日~1月3日) 8月15日 左欄の日を除く月曜日~土曜日
洲本市応急診療所(洲本市健康福祉館「みなと元気館」内)
0799-24-6340
※予約不要です

9時00分~11時30分

13時00分~16時30分

×
18時00分~21時30分
日曜・祝日小児救急外来(洲本市健康福祉館「みなと元気館」洲本市応急診療所内)島内小児科医院の医師が輪番対応
0799-24-6340
※予約不要です(洲本市・南あわじ市・淡路市3市共同設置)

9時00分~11時30分

13時00分~16時30分

× ×

○印:開業日 ×印:休診日(休診時間)

※健康保険証と福祉医療(乳幼児・母子・重度障害者など)、小児慢性特定疾患などの医療受給者証を必ずお持ちください。健康保険証等の提示がない場合には、保険診療ではなく、自由診療(全額自己負担)での扱いとさせていただきます。

※止むを得ず休診等をする場合があります。

※詳しくは「応急・小児救急の診療について」をご覧ください。

※小児救急の詳細は、「小児救急について」をご覧ください。