ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 教育総務課 > 学校施設の耐震化状況について

学校施設の耐震化状況について

1 趣旨

 学校施設は、児童生徒等が一日の大半を過ごす活動の場であり、非常災害時には地域住民の応急避難場所としての役割も果たすことから、その安全性の確保は極めて重要です。
 学校施設の耐震化は、国を挙げての急務とされ、特に大規模な地震によって倒壊等の危険性の高い公立小中学校施設(Is値0.3未満またはq値0.5未満)(約1万棟)について、耐震化の推進を図ることとされて、優先的に耐震化を支援するということで、補助率の嵩上げが実施されております。
 洲本市教育委員会では、平成9年度より学校施設の耐震化を進めてまいりましたが、平成26年度における由良小学校(校舎)改築事業の完成により、市内学校施設の耐震化を完了しました。

2 洲本市立学校の耐震化率

区分 学校数 全棟数A 耐震性ありB 要改修 耐震化率B/A
小学校 13 39 39 0 100.0
中学校 5 21 21 0 100.0
幼稚園 5 5 5 0 100.0
23 65 65 0 100.0

3 洲本市立学校の耐震化の状況・学校別一覧

洲本市立小中学校、幼稚園の耐震化の状況・学校別一覧[PDFファイル/276KB]をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)